Y字開脚できました、カラダとココロの可能性

今日は「人間の限界」というのは、その人の“意識”が決めるのだ、ということを、あらためて体感することができました。

プロのバレエダンサーの方に、気功をつかって股関節をバレリーナのように開く施術をしてもらったのです。

たった十数分で、Y字開脚ができるようになりました。

以前、その方の美しいプリバレリーナの奥様と一緒にリラクゼーションや瞑想をした時に、180度に足を広げ座骨に座る形で骨盤をたててリラックスして、そのうち胸を床にペタっとつけて気持良さそ〜にしていたのを見て、目が点になったことがあったのです。

「すごい気持よさそう〜!私もやってみたい!」とわがままを言って、おねがいしたので今日実現したわけです。

「筋肉は鍛えるな」とその方はおっしゃいます。

もともと硬くてそれ以上体が曲がらないのは、そこでカタレプシーがおきているからだ、というお考えです。

カタレプシーとは、心理学用語で使われていて「他者から与えられた姿勢を、それがたとえ不自然な姿勢であっても、長時間そのままの姿勢を保ち続ける状態。自分の意志で元に戻そうとしない状態。」をいいます。

潜在意識に自然の流れとして埋め込まれている事柄(階段を上り下りする、名刺を交換する、など)を、途中で故意にストップさせられてしまったりした時など、体が一瞬固まったりしませんか?どうしていいか分からなくなる感覚です。

その状態を「カタレプシーが起こった」といいます。

体がそれ以上曲がらない制限の領域は、その人の身体記憶すなわち潜在意識に組み込まれています。

これは、自分の生命を維持できる範囲に留まろうとする生体の「生命維持機能」なのです。人間ならだれにもある機能です。

例えば、気温が高温になると体を冷やすために(一定の体温を保てるように)皮脂腺が開いて汗をかきます。

これも同じように、体が自動的に生命を維持しようとする機能です。

「私は中ぐらいの成績の人」という自己イメージの人は間違って高得点をとってしまうと、潜在意識が自動的に調整してくれて、次ぎのテストで悪い点数をとらせることで「平均が中ぐらいの人」になるようにしむけます。

これも同じように生体の維持機能、すなわちホメオスタシスです。

このホメオスタシスの生体維持機能を広げない限り、自分の行動をポジティブなものに変えることも、身体の機能向上も、能力開発も、すべて変化がおこりません。

今日の気功を使ったプリマドンナストレッチでは、こういった「抵抗」や「カタレプシー」などの生体反応を逆に利用して、身体の記憶を「書き換え」てゆき、どんどん可動域を広げていたようです。

こんなふうに、自分の身体の可能性をさらに発見できて、本当に喜ばしく感じたのも大きな経験でした。

さらに、おもしろい発見もありました。

気功を使っているので、無理強いしてストレッチしているわけではもちろんありません。

ですから、まったく痛くないのです。逆に、とても気持がよくてどんどん伸びてゆく感覚があったくらいです。

ところが『心』が怖いんです。

体はまったく大丈夫なのにも関わらず、何か「怖さ」があって自分の足が上がっているのを見るのをためらってしまう心的反応がありました。

施術者は「見て!触って!足先動かして!自分がやってるということをしっかり覚えてください。」とおっしゃいました。

でも、なんだか得体の知れない「怖さ」があって、すぐに目をつぶってしまうんですよ。おかしいですよね。

ようするに、私のこれまでの人生では「Y字開脚ができる自分」という自己イメージが無かったわけです。

それを打破して、すなわちホメオスタシスの範囲をグワッと広げたので、「ほんとにこんなことができる自分になってイイの!?」っていう怖さがあったということです。

これは、人生で毎日のようにおきていることと同じです。

何かやりたい事があっても、なんとなく先延ばしにしてしまったり、本当はどうすれば良いのか分かっているのに、解決策を見て見ないふりしてしまったりすることって、誰でもありますよね。

「心」の可動域(自己イメージ)を広げる時は、目に見えないので無視しやすいものです。

今日は「身体」を使って、同じ体験をさせていただいたので、そういった「抵抗」の心理をしっかりと認識することができました。

そして、身体的な制限を一つ超えたことで、自分に対する自信も向上したように感じます。

さぁ!
次ぎは『 I 字』開脚(足が耳につく)できるまで、挑戦しますよ!
(←挑戦オタク)(^^;;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 東洋医学のNPOで、西洋の自然療法の講座をしました

  2. 運動することによって身体をにより意識をそそぐと、ヒラメキやすくなり鬱もなおる

  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

庭の四季Instagram

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. イメージを利用した記憶術を身につけると自信につながります
  2. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  3. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  4. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  5. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  6. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  7. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  8. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  9. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  10. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?

アーカイブ

PAGE TOP