お花の氣をたべた

生まれて初めて、フェイジョア(feijoa)の花を食べた。
元々は、ウルグアイやパラグアイ、南ブラジルなどに自生して
いた熱帯性の常緑果樹(フトモモ科)に咲くお花なのだそうです。
フェイジュア皿

6月頃にエキゾチックな花を咲かせるとのことで、今がシーズン、
いただいたオードブルサラダの上に綺麗にのせてありました。
ウェイトレスさんに「このお花食べられますよ」と言われなければ、
このエキゾチックで派手な外見のお花、食べようとは思わなかったかも。

食べた食感は、味は薄くほとんど無いのだけれど、噛んだ時に
肉厚の花びらの歯ごたえが優しくって心地よく、お花の芳香と
ともに、ほのかな甘みが口にふんわり広がりました。
フェイジュア花

とはいっても、本来はお花ではなくて、果実を食べるために
植樹されているもの。
私は食べたことがないのですが、果実はグアバを細長くした形で
味はパイナップルに似ているのだそうです。
暖かい沖縄では庭木として植えている家がみられるのだとか。

氣には大きくわけて3種類あります。
『先天の氣』(生きてる自分の生命エネルギー)
『後天の氣』(他の生物の氣を食べることで得た氣)

フェイジョアのお花を食べたとき『後天の氣』を
いただいた、という気がすごくしました。
幸福感と感謝の気持がわき上がってくる感じ。

でも、他の食べ物を食べる時にも、後天の氣をいただく事に
いつももっと感謝しなくちゃいけないですね。

え?
3つめの『氣』はなにか?気になります?
これについて話しはじめたら止まらなくなりますので、
次回にまわすことにしますね。(^_^)

http://physioenergetic.com/

関連記事

  1. 寒かったからご褒美に

  2. 玄関先に咲くブルーの花

  3. キリちゃんの爪

  4. 年々さらにエネルギッシュに

  5. ライムンド先生来日でお台場の自由の女神も微笑む!?

  6. 問いかければ答えはやってくる

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP