Up & Down な激動の1日

毎年恒例になった、ベトナム在住の甥っ子(9歳)の「夏ママ」になる
季節がやってきました。
インターナショナルスクールに通う彼の日本語は、さらに妙なものに
なってきていますので、勉強もかねて日本に1ヶ月半滞在します。
今年は私がホーチミンまでお迎えに行くのではなく、J◎Lのファミリー
サービスを利用して彼は1人で来日。
ちょっとハードだけど明日から日本の公立小学校へ通う予定でウキウキ。
三平到着成田
〜早朝7時半に成田到着!〜

入学手続きをするために、成田から教育委員会に直行しました。
ところが!(>o<)インフルエンザの影響で
「海外から来る子供は、すぐに学校に登校してはいけない」
という決まりができてしまったとのこと。(ToT)
1週間は様子を見てくださいとのお達しがありました….ガーン

微かな希望を抱いて病院へ「新型インフルエンザにかかってません」
という診断/証明書を発行してもらいに行きました。
せっかく日本語の勉強に来たのだから登校日数が一日でも
多くなりますように。

病院の入り口から入ってスリッパに履き替えると、床におばあちゃんが
倒れていて、苦しそうに唸りながら痙攣していました。
看護婦さん達が慌てて処置をしていて数値的にもかなり危ない状態。
脳梗塞の様で、私は人から見られないように気功治療をしました。
しばらくして救急車が到着し、大きな病院に搬送されてゆきました。

そんな状態でしたから、診療は中断されていたので、こんな緊迫した
雰囲気の待合室に2時間くらい滞在する事になってしまいました。。。
どうなったか心配です。。。。

そろそろ帰ろうかな〜と思ったら、なにやら楽しそうなイベントへの
お誘いメールが舞い込んできました。
キューバ大使館の関連イベントで「チェゲバラフェスティバル」です。
夜遅くなってしまうけど、甥っ子も行きたいと言っているし、
どうせ1週間学校へ行けないから何もすることが無くなっちゃったん
だしっ、思いきって2人で夜遊びに出かけることに。
ツェと三平
〜39歳でこの世を去ったチェゲバラは生きていれば81歳〜

かのジョンレノンが「世界で一番カッコいい男」と呼んだ
“チェゲバラ”は、アルゼンチン生まれの医師、マルクス主義革命家で、
キューバのゲリラ指導者。
カストロに「道徳の巨人」「真の革命家」と評されていたように、
喘息を抱える身でありながら寝食を忘れて実践し公務と勉学に励んだ人。
また理想主義者でもあり、工業相時代にキューバ国民の労働意欲の低さを
目の当たりにし「共同体のために尽くし、労働を喜びと感じる
『新しい人間』」の育成を目指し、その出現を国家展望の下敷きとした
キューバのヒーロ。
司会のシーラ
駐日キューバ大使や、チェゲバラの写真を撮影した唯一の日本人
カメラマンなどによるトーク・ショー「革命児・チェ・ゲバラを語る」
があったので、「話しはチンプンカンプンだろうけど、カッコイイ
大人達のエネルギーを感じてみろ」と、9歳の甥に無理難題をおしつけ
てみたけれど、ちゃんとそれなりにやっていたみたい。(^^;;
Dr.苫米地講演
最後に登場したのは、苫米地英人博士。
博士はその時にその場にいる人達にあわせて、話す内容をその場で
決めるのだそうです。時間がおしていたけれど短いのに重量感の
ある講義をされていてあっぱれでした。
「脳機能学者から見た革命について、コンフォートゾーンとの関連性」
などについて話された。
ゲリラチックな衣装でチェゲバラや革命について語るお姿
カッコいいですね。

甥っ子はすっかりファンになったみたいです。
苫米地博士にサイン
〜苫米地博士の著書「脳にいい勉強法」にサインしてもらったよ〜

アントニオ古賀氏
〜アントニオ古賀さんギター演奏会〜

生き甲斐を大切にするキューバの人々の生き方に魅了され、
キューバへは17年の間に20回渡航なさったそうです。
キューバの人達に望みを聞くと「平和と音楽があればいい」
と答えるのだそうです。
古賀メロディーをラテン風にアレンジしてCDを出されました。
Nat’s Melody』(懐メロor夏メロ)♪皆で踊りました♪

キューバダンス
〜サルサやキューバのダンスを楽しんだ〜

夜の飲み会にも、参加してしまった甥っ子。。。。
「まだ帰りたくない」と言い続け、結局10時半くらいまでいて
しまったけれど、楽しくて希望に満ちあふれた大人達に囲まれていると、
心地よいのでしょうね。

甥っ子の親に怒られそうだから今夜のことはヒミツ!!(*^^*)
普通はこういった会に夜遅くまで子供を連れ回すなんて非常識な
事でしょう。
でも、やっぱり連れていって良かったと思ったことがあります。

今までは「大人になったらなりたいもの」を聞くと、いつも彼の
父親がなって欲しいと思っているであろう職業を言っていたのです。
だけど、今朝になってまた「大人になったらどんな人になりたいの?」
と聞いてみたら、具体的な職業名ではなく「自分が世界に伝えたい
事があるから、それを伝えるためにこれこれこういう事をしたり、
人にうまく伝わるようにこんな活動してゆきたい」と語ったのです。
その「地球規模の夢」の内容を聞いて私は一瞬目が点になったけど、
スゴいと思って叔母バカながら感心してしまいました。

良い刺激や影響力を受けることはとても大切ですね。
こういう影響は言葉だけでなく体得してゆく部分が大きいですからね。
大人だってそうだけど、子供ならなおさらです。

と、長かった1日を終えてあらためてそんなこと考えていました。

http://ecobodynature.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 小鳥のメロディーの“間”を楽しみながら

  2. 勝手に他人の『夢』を決める人達…

  3. 夢と楽しみから学ぶDr.Randy Pausch教授 

  4. ご注意ください(勧誘など) 

  5. めちゃ楽しナイト

  6. 女性のためのセミナー開催します!

  7. みさこさん

  8. お墓に描いてもらいたい絵はどんな絵?

  9. 自分の「呼び名」「タイトル」を決めてみよう

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 大道ブログの内容をのれん分けしました!新しいブログのご案内
  2. 呪いの言葉は心の壁を作り、才能を見いだす言葉は可能性を広げる
  3. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  4. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  5. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  6. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  7. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  8. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  9. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  10. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP

カレンダー

2009年6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP