恋愛は思い込み心理なのか?脳の錯覚に振り回されず使いこなせ!

なんと、幼なじみの女の子が「昔好きだった人」に道ばたで偶然
会ったそうで、興奮気味に報告がきました。(*^_^*)
なんでも、月末に2人でお食事に行くことになった様で。。。

あの頃は、その人バンドのボーカルをやっていて、私もときどき友人に
つき合わされ、ライブの会場にお供していました。
でも、その友人の好きな男性の傍らには、いつも美人で優しくて素敵な
オトナの女である彼女さんがいたし、まだまだ子供な友人や連れの私
はおこちゃま扱いだったのです。
でも洋楽の話題で盛り上がったりして、いつのまにかお友達になって
いましたけどね。(その頃わたしのお気に入りはSmokey Robinson
彼らは後にプロデビューしたので、お茶しに行くにも縦に3mほど離れて
歩いたり、隠れたところで話したり(事務所の社長宅など)してました。
思い出すと笑っちゃうけどよき想い出です。

さぁーて、四半世紀以上たってからのこの偶然の再会、いったいどんな
ことになるのかワクワクします。(^▽^)
友人の昔好きだった人は、現在は芸能活動はやめて会社を経営をして
いるそうで、今は2人ともシングルアゲインだし、ぅわぁー楽しみ(^o^)

ところで「好き」っていう感情は、どこから来るのでしょうか!?
四半世紀以上たってるのに、まだドキドキするのはなぜだろう?
私はどちらかというと、かっこいいお兄さんよりもこういった脳の認知
やからくりが、とっても面白いと思っていました。
ちょうどその頃は脳の機能を使って暗記力をあげたり、アファメーション
(呼び方は今と違う)を唱えて、物事を思ったように実現化させる訓練
などを、本を参考に一人で細々とやりはじめていた頃でした。

面白い実験結果があります。
2人の女性の写真を見せ「どちらか好みの女性を選んでください」と
いうテストをします。実験はマジシャンが行いました。
ある被験者が左側の人の写真をさして「この人が好みです」と選んだと
します。するとマジシャンはカードを分からないようにすり替え、もう
一方の選ばなかった方である右側の女性の写真を手渡します。
(つまり好みの方でない女性)

面白いのは、その被験者は自分が選んだ方でないのに気づかないのだ
そうです。自分自身の好みで選んだはずが、気づかないのです。

さらにテストは続きます。「どうしてこの人を選んだのですか?」と
質問すると、手渡された写真(右側の人)をながめながら「笑顔が
いいんです」「赤いセーターが似合うから」「ショートカットがいい」
など、写真を見ながら特徴をあげるわけです。自分がさっき選んだ
人はロングヘアで違う服の色だったのにもかかわらず、違う人だと
いうことに気づかずに!ですよ!(^^;;

研究者の見解では、おそらく選んでしまった以上は「彼女を好きである」
という思い込みをしたがる心理が働くとのこと。
好きな理由をこじつけ、話の帳尻を合わせてしまう心理が働いている。
重要なポイントは「選択してない女性であることに気づいていない」
というところです。だから嘘をついているのとはまた違います。
本心から信じその理由をでっちあげているのです。

自分が選んじゃったから、つじつまを合わせるのですね。
ヒトは自分の間違いに気づきたくないときもあります。

図書館の係員の女性に協力してもらった実験も面白い結果が出ています。
本を借りたり返したりする時に、受け渡ししながらそっとわからない
ように被験者の手に触れるのです。触れるか触れないかはランダムに
決められています。
予想通りに、手に触れた被験者は「係のお姉さんに好意を持ったか
どうか?」の質問に対して「好意を持った」と答える人が圧倒的に
多いのだそうです。
人はそっと触れられると「好き」と感じてしまうんですね。

Johanson P,  Hall L,  Sikston S,   Olsson A.
Failure to detect mismatches between intention and outcom in a simple
decision task.  Sience 310: 116-119 2005.

それからもう一つ実験。
長時間接触しているほど好きになるという脳の性質を示しています。
写真Aと写真Bを交互に被験者に見せます。ただし、写真Aの方を長めに
0.9秒間、写真Bの方を0.3秒間、を交互に数回見せるのです。
あとで「どちらの人が好みのタイプですか?」と質問すると、長く
見せていた方の写真を選ぶ人が、短いほうより20%ほど多くなります。
(ちなみに同じ時間見せた場合は50%50%の確率になります)

さらに今度は、AとBを見せるときに、左右に並べておいて交互に見て
もらう。それから次に紙芝居のようにその場でAを見せ取り去ってBに
入れ替える、という2通りの見せ方をしました。
すると!!左右に並べた見せ方の実験では、たとえAを長めに見せても、
選択は50%50%の確率になったそうです。答えが五分五分という事は
騙されることなく正直な答えが出せているということです。
でも、同じ場所で紙芝居みたいに見せた場合は、長く見せた方の写真
の人を選ぶ確率が上がるそうです。

何が違うのか。。。。。

左右に写真を並べた場合、AとBを交互に積極的に眼球を動かして
見にいかなければなりません。
つまり自分から能動的に見に行ってることになります。
一方で同じ場所に置いて勝手に紙芝居みたいに写真が変わる方は、
眼球を動かさなくても見ることができ、受動的な行動になります。

視線を動かすことによって、感情が引き出されるのです。
それから「自分がわざわざエネルギーを使ってまで見に行ってるん
だから、それだけ素敵な人に違いない。好きに違いない。」と
脳が解釈してしまう、ということがわかります。

ほんとうに、恋は盲目、恋は魔力、、、なんですね。
悪く言えば錯覚?のくりかえし!?

恋愛は何のためにするのかといえば、究極的には種族保存のため。
できるだけ良いDNAを残せるようなパートナーを見つけなきゃ
いけないという希望が潜在的にあるでしょう。

ところが、世界人口は60億。そのうち異性は30億。
一人一人ベストな子孫を残せる相手を検証していては、年老いて
しまいます。
だから「身近なまぁまぁの人を探す」ことが次の選択肢にきます。
その時に便利なのが The恋愛感情。
ようするに、上記の実験から考えると錯覚・妄想・思い込みも
混在する感情ですね。

実際にはその相手がベストな相手かどうか分からないし、きっと
もっと良い相手がいるはずです。でも「この人でいいんだ」と
無理矢理に納得させてくれる性質が恋愛感情である
、と東京大学
薬学系研究化准教授の池谷祐二氏は述べています。
「この人が好き。この人しかいない」という妄想が生まれる
からくりですね。

途中で気づく場合もあれば、恋から愛に変わってゆき長続きする
場合もあるでしょう。
少しの間持続するのは、恋愛をしていると脳の「腹側被蓋野
(ふくそくひがいや)」という部位が働くからなのだそうです。
そこはヘロインや麻薬を服用している時にも活性化される部分。
腹側被蓋野は、快楽中枢です。恋愛をすると、この快楽中枢が
活性化され気持ちがよいから続くんですね。

ネズミの腹側被蓋野に弱い電流を流すことによって、人工的に
快楽中枢を活性化させる実験があります。
ネズミは自分で電流を流すためのボタンを押せると気づくと、
寝食を忘れてボタンを押し続けるのだそうです。
気持ちいいですからね。それで最後は餓死するネズミがいます。
「生命維持にとって一番大切なことは何か?」ということまで
忘れさせてしまほど、快楽に引きずられているわけです。
ですので、快楽を生むというより、盲目性を生む部位である
といえる、と池谷氏は言います。

恋が冷めたら「なんで、あんなヒトに夢中になっていたんだろ?」
と我に返るヒトもいますね。
しかたないです、盲目性を生み出す脳内活動が行われていたの
ですから、自分を攻める必要はありません。(^^;;
錯覚と妄想を繰り返してこそ、ナンバーワンな相手を見つけ
られるのかもしれませんね♪

さてさて、上記の実験の結果から、独身のみさなんはここで
おさらいをしましょう。

気になるアノ人に、
「自分はこの人のためにわざわざエネルギーを使ってるんだから」
「だからよほど魅力的なヒトに違いない。自分は好きに違いない」
という錯覚をおこさせちゃいましょう。(^O^)

ようするに、いろいろとやってあげるよりも、相手に自分のため
に『何かをさせる』のです。
何でもよくって、自分のために動力を使わせればOK。
それこそ、視線を動かさせるだけでも効果はあるかもしれません。
それをやらせている時は、自分のエネルギー全部で「楽しい感覚」
「ハッピーなフィーリング」をイメージし実際にその感覚を感じ
ながらやってみてください。より効果が上がるでしょう。

そして「そっとわからないように触れる」ワザもお忘れなく!

Good Luck !

 

┌───────────────────────────┐

♡Blogカテゴリー【LOVE道】記事はこちら

└───────────────────────────┘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 『LOVE道』的なアプローチ 

  2. あなたの『愛』は陳腐?ほんもの?あなたの本心の見分け方

  3. 婚活未満、オトコとオンナは永遠の友達になれる?ビリージョエルさんとクリスティーブリンクリーさんの場合…

  4. ワラビーに学ぶ夫婦円満術

  5. 自分のバストは好きですか?

  6. オトナの恋が実るとき

  7. キャバ嬢に学ぶ、軽い会話中に男性を気分よくさせるセリフは?

  8. 結婚相手はいずこへ

  9. セクシーちゃん&アヒルちゃんの対決

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  2. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  3. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  4. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  5. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  6. 自己紹介に自分の「夢」を語る
  7. ご縁ある人たちとたくさん話しができる1年にしたい
  8. 共感力の強い子供やペットへ良き影響を与える、楽しく・明るく・未来に希望を持つ生き…
  9. ティーンエイジャーに小言を聞き入れてもらいたい時に使えるワザ
  10. ご長寿さんの潜在意識に埋め込まれてる「たった1つのメッセージ」、若いうちから持つ…

カレンダー

2009年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP