人間社会の縮図か!? 書籍の批評

近年は、書籍を買う時にはAmazonなどネットで購入する事が多い。
特にパソコン用のソフトウェアについての説明が書かれた専門書などを、
直接中身を見ずにネットで買うことがあれば、必ずAmazonの各書籍に
ついている「カスタマーレビュー」という個人的な批評欄を参考にして
から買うようにしています。
専門書のレビューは専門的なことに使う人が読んでいるだけに、本中の
どいう点が良いか悪いかが明白に書かれており、かなり参考になります。
専門書のレビューは、悪いことを書くにしても筋が通っていて感情的では
ない所が信憑性があっていいですね。

ただ、レビューがまったく参考にならない種類の本もあります。
それは、『いまが旬の売れっ子作家』(オピニオンリーダーのような人)
の書籍についてのレビューです。

『いまが旬の売れっ子作家』の本にはわんさかレビューが書かれている。
でも「この人は作者に対して何かの恨みがあるのではないか?」もしくは
「この人は立ち読みだけでちゃんと中身を読んでないんじゃないか?」と
思わせるような、めちゃくちゃな批判悪口が書いてあることも多い。
それに混ざって、ファンの人や本当の意味で本の内容を理解できている
であろう人の書き込みがあって絶賛していたりする。

ほとんど売れていない人の本には、そもそもレビューがない。。。(>o<)
それから、面白いのは『外国人作家』の本のレビューは、日本人の
今が旬の売れっ子作家に対するような、猛烈な攻撃的批判がみられない。
多くの場合、外人作家の本のレビューは好意的な内容がほとんどですね。

売れてない人はどーでもいいけど、目立ってる人は蹴落としたい、
でも外人は別。みたいな。。。。。。。。。
「カスタマーレビュー」面白いですよね。(^^;;
まるで日本社会の縮図のよう。。。かな!?
51klixzbbnl_sl75_
先日、Twitter(ツィッター)を始めたので、使い方が知りたくて
勝間勝代さんの著書『目立つ力』を買ったのですが、そのときにも
レビューに特徴を感じました。彼女はいま旬の売れっ子作家ですからね。
正当な意見を述べているレビューに混ざって「いつもと同じ内容」とか
「誰でも知ってる事が書かれてる」とか、あげくのはてには本に関係
ない批判とかあったり………

でも、私は読んでみて役にたったし、それ以上の情報を得ることが
できました。もちろん知ってる事も書かれているけど、その行間に
新たな見識や著者の心などいろいろ受け取る事もできました。

先日、友達が「本を読むときは何が知りたいか?という目標を持って
読むと、後々まで覚えていられるし情報を拾うことができるのよ」と
教えてくれました。本当にそう思います。

もし目標を持たなかったらどういうことになるか?
人間は「過去の記憶と入ってきた新たな情報を照らし合わせて照合し、
それを取り入れるか否かを決定する」という脳機能を持ち合わせて
います。
だから、知ってる単語が続けて出てきたりすると、新しい考え方で
あったとしても「あ、知ってる知ってる」と脳が認識してしまって、
その情報を脳に入れるのを拒否してしまうのです。
その結果、せっかく読んだ本から何も新しい情報を得ることができ
なくなってしまいます。(本だけじゃないですけどね)

なので「この人ほんとに本を読んでレビュー書いてるの?」と思う
ような批判をしている人の読み方は、目標がなくただ単に売れ筋の
書籍を手に取っただけだったのかもしれない?とも思えました。

それから、勝間さんの本の中にも書いてありましたが、批判を公の場
でしたい人は「自己承認欲求を満たすため」にしているケースが多い
とのこと。
ようするに「見て見て見て、私を見て!」と、自分の存在を認めて
欲しいという欲求を満たすために、他者を批判するという心理です。
たしかに、自分が満たされている人って他人の批判はしないですね。

そして勝間さんは「このような歪んだ自己承認欲求が外部に噴出
しないようにするためには、別の手段で昇華する必要がある」と
考えておられるそうです。その為にブログその他で自分を表現
する事も一つの手段だよ!とも推奨されています。

あ、そうだそうだ。
この本の中で大切なメッセージがあったんだった。
「1回のブログの記事は長すぎては駄目ですよ」ということ。
まずいまずい、なんだかすぐ長くなっちゃうんですよね。。。。

それでもお読みくださったみなさま、
ありがとうございます。m(.  _ .)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「欠点」はダレが決めるのか 

  2. なぜ怒るのか

  3. 感情をみわける方法but感情を決めてはいけない

  4. 自分が見ているものを見てゆきたい

  5. 夢で会えたら

  6. 取られた・やられた・された

  7. 誘拐とアトピー性皮膚炎

  8. 悟りへの道「どっちだっていいじゃん」

  9. 言わざるか聞かざるか

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 大道ブログの内容をのれん分けしました!新しいブログのご案内
  2. 呪いの言葉は心の壁を作り、才能を見いだす言葉は可能性を広げる
  3. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  4. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  5. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  6. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  7. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  8. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  9. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  10. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP

カレンダー

2009年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP