受取る側によってメッセージがゆがめられる

アバターを見た人で鬱が続出というニュースがあったけれど、
その理由は、映画の中に出て来る想像上の惑星パンドラの様子が
あまりにも美しくて、現実とのギャップに苛まれ鬱になってしまった、
ということ。それからその美しいパンドラが破壊されてゆく様子を
見て、自らも無力感に苛まれたから、ということが主な原因らしい。

鬱になった人の事ばかりがマスコミで取り上げられているけれど、
きっとまったく逆の気持が芽生えた人も沢山いるはずだ、と思います。

私の大好きなハーブ園でティータイム

私の大好きなハーブ園でティータイム

惑星パンドラでは、美しい自然と人や動物が調和した暮らしがある。
人の本質をみて挨拶を交わす。心と心の絆がしっかりできると他の
生き物ともコミュニケーションがとれる。先祖の叡智に繋がり源に
アクセスすることができる。などなど。

私達の地球でも、こんなふうに自然を重んじた暮らしをして、
人々が心と心で繋がった世界を創ることができたら、どんなに
素敵だろう!と私は思いました。そして、
「さまざまな生物が尊重しあい平和に共生できる地球にしよう」
と、目標を新たにしました。(^_^)

ほんとうに、ある出来事を認識したり、反応したりは
人によって千差万別ですね。
どう反応するか?で大きく世界観がかわってくるだろうし
幸福度もかなり違うと思います。

紅梅&白梅〜うっとりする様な芳香です

紅梅&白梅〜うっとりする様な芳香です

ところで、アバターの監督およびプロデゥースをしている
ジェームスキャメロン氏は、12月に日本に来日しています。
広島の原爆と、長崎での原爆を両方とも体験した90歳の男性
がキャメロン氏に手紙を出し「悲惨な原爆の事実を世の中に
伝えてもう2度とこんなことが起こらないように映画でメッセージ
を送ってほしい」とお願いしたそうで、それに答えてキャメロン氏は
入院中のその男性に会いに行ったのです。

「わかりました、必ずあなたとの約束を果たします」
「2度と起こらない様に原爆の事実を映画で伝えます」
と2人は堅く握手をし、約束を交わしていました。

その男性はキャメロン氏に会った数日後「私の使命は終わった」と
安心したように言って、亡くなったそうです。

だから今度は、アバターなんてもんじゃないくらいもっと怖い映画が
できることでしょう!
でも、アバターもしかりキャメロン氏の映画には大切なメッセージが
込められているのですから、鬱になってる場合じゃないんです。

しっかりメッセージを受け取って、より良い世界にするために前進
してゆくための映画なのですから!

余談ですが、このキャメロン氏のお忍び来日の時に私のお友達が
偶然に六本木ヒルズのエレベーターで会ったのだそうです。
アバターを見て感激し「ジェームスキャメロンさんに会いたい!」
と毎日思っていたら、エレベータの中で出逢ったのですって♪♪
実は、私もそのときに同じビル内にいたのに会わなかったんです。
残念!(;;)

でも、彼のメッセージは素直に受け取って、毎日
「さまざまな生物が尊重しあい平和に共生できる地球」にするため
に活動を続けていますっ。(^o^)

関連記事

  1. 筋膜リリース(旧)

  2. プロジェクタプロジェクト完結

  3. 夢で会えたら

  4. 子供の絵を形にしてくれる素敵なサービス

  5. 蘇る和モダンの家

  6. ゴールデン・プロポーションの建物

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP