エフィカシー上げてくれた街LA

さてさて、今回の旅シリーズもこの記事で終わりです。
時系列的には逆さまになってしまったけど、トランジットで
立ち寄ったロサンゼルスです。
時間があまり無かったのでレンタカーは借りずタクシーで移動しました。
めざすは、以前住んでいた家とその周辺です♪♪
住所などすっかり忘れてしまったのですが、たまたま航空写真を見つけ
たので道の並び順とか、道の形などいろいろ見ていたら、何となく
思い出してきてついに住所まで思い出すことができたのです!
la_rodeo
オークハースト通りとアルデン通りの角から一件目のところに家があった
事が発覚!!ただ、建物自体はもう変わっていたけれど道路の雰囲気は
変わらず、ジャカランタンの並木道に芝生が植わった美しい外観を保って
いました。薄紫色の花の季節は確か6月頃だったかな。。。
本当に美しいので皆さんにも是非お見せしたいです。

oakhurst2
この辺りに住んでいたときに通っていた美容室Umbertoも、
記憶をたどって歩きながら見つけることができました!
大型美容室で、美容師やマニキュアリストやカラリストなどの技術者が
沢山いて、それぞれが壁で仕切られたブースを持ち、各自のお客さんに
サービスを提供していました。このユニークな美容室でナタリーコールや
その他の芸能人によく遭遇しました。

ロサンゼルスからNYに引っ越しする時に、お世話になった担当美容師
さんにさよならを言いに行こうと思って予約の電話を入れたら
「チャールズは心臓発作を起こして入院したのでしばらく休んでます」と
告げられました。
その後、どうなったのかずっと気になっていたのです…(;_;)
oakhust5
でも、今回チャールズには会えなかった。「彼はあの後元気に復帰して
ずっと働いていたけど、数年前に辞めて別のところへ行ったよ」と。
そこに居合わせた従業員の方々は「この人(私)、チャールズがずっと
担当していたんだって!」と、喜んでくれて、皆でほのぼのとチャールズ
の想い出話に浸りました。(^O^) 彼が生きて元気でいてくれてよかった!
oakhurst6
ブロンドヘアでブルーの瞳をしたハンサムなゲイのチャールズはトークが
面白く(まさにおすぎとピーコみたいな感じ)皆の人気者だったのです。
私がなぜ彼をそんなに懐かしむのかというと、彼はスコトマ外しをして
くれ、日本女性としての自信を高めてくれた人だから。

センスが良い彼にヘアスタイルを任せていたのですが、私の髪質にあって
いるということで、厚みのある外はねのその頃のスーパーモデルがよく
していた髪型にしてくれていました。
チャールズのブースの中のベンチには彼が誰かの髪をカットしている間、
カーラーを巻いていたりヘアカラーの銀紙を付け待ってる女性がいつも
4〜5人座っていてあーだこーだとお喋りしながら順番待ちをしてました。
oakhust1
ある時、チャールズが私の髪をカットして出来上がったスタイルを見て、
そこに居合わせた美しい白人女性達が「私も彼女と同じ髪型にして!」
「私も!それがいい!」と口々にチャールズにお願いしました。
すると彼は「だ〜ぁめぇ〜よぉ〜!あんた達の髪じゃこんな風にカッコ
よくならないわ。髪の毛の量が足りないからペシャンこになっちゃうわ
よぉ〜」と(オネエ調で)言い、いかに私の髪質が良くてこのスタイル
がキマるか皆に説明しました。

実は私この頃「金髪の少しカールがついたフワフワな軽いヘアスタイル」
が日本で流行っていた事もあって、自分の髪が真っ黒黒なことをちょっと
気にしたり、綺麗な金髪のフワフワヘアーに引け目を感じたりして
いたのです。(うわぁ、なんと低次元なっ…)

でも、チャールズのおかげで自分の髪がとても健康でツヤがあって
サラサラな美しい日本女性の髪なんだってことに、気づかせてもらうこと
ができ、黒髪にも自信が持てるようになりました。
それ以来、パーマをかけたりメッシュを入れたりする事もなくなって、
そのままのアジアンな髪質を生かしたヘアスタイルを好むようになった
のでした。(*^_^*) チャールズにはホント感謝!です。
la_restaurant2
夜はずっと行きたかったのに、行く機会がないままだった近所の
レストランに入ってみました。外から見た感じとはだいぶ違い、
お店の中はヨーロッパの田舎風な暖かみのあるインテリアでしつらえ
られていました。
「へぇ〜、こんな雰囲気だったんだ!」というちょっとした驚きを感じ、
住んでた頃に来ていたらよかったなー、友達も連れて来てあげたら
よかったなー、と思いました。でも今回来れてよかった!
restaurant_kaori
お店がすいていたのもあって、たまたまお隣の席でお食事をしていた
お母さんと娘さんが、写真を撮りまくっていたので私も仲間に入れて
もらって、撮影してもらっちゃいました。(^^;;

そんなわけで、一人ぼっちの誕生日はとても充実していて楽しい一日
になったのでしたっ♪♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. プリア・カン遺跡@カンボジア

  2. 野田観光案内!?(なぜワタシが…)

  3. スティーブさんから聞いた話し

  4. クリエーティビティーが触発される空間

  5. オーストリアの犬たち

  6. つぶやき投稿はじめました

  7. Up & Down な激動の1日

  8. 代替医療は未病のときにこそ利用したい

  9. 住む家によって、収入が上下する事があるんだって!

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. メールが不達です、戻ってきてしまいました
  2. イメージを利用した記憶術を身につけると自信につながります
  3. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  4. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  5. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  6. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  7. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  8. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  9. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  10. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする

アーカイブ

PAGE TOP