仲間に逢える!中欧の旅へ

明日から中欧に旅立ちます。
最初にチェコスロバキアから入り2〜3日観光をしてから、
目的地のオーストリアに入る予定です。

来週からいよいよフィシオエナジェティック協会本部のある
オーストリアの学校『ウィーン・スクール・オブ・オステオパシー
で、20周年記念イベントが開催されるので、お祝いに駆けつけ、
世界中のプラクティショナー達に逢いに行ってきます。
kamakura_flowers400
開発者のラファエルヴァンアッシェD.O.によりフィシオ
エナジェティックの施術が構築され、はじめられたのが
40年前ですが、協会が設立されて世界に広まってから
20周年を迎えることになったということです。

私達が日本でフィシオエナジェティックをはじめて紹介
してから6年になります。
フィシオエナジェティックは体系化された代替医療を施すための
最強ツールだと言っても過言ではないと思っています。
きっちり利用して患者さんに応用している医療従事者の
皆様からも同様の見解を聞いています。

新しいフィシオエナジェティック協会ロゴ

新しいフィシオエナジェティック協会ロゴ

施術者と患者さんにとって、最も効率よくセッションをすすめて
ゆくことを可能にします。
とは言ってもフィシオエナジェティックのセッションは、
病気を治すことが目的で行われるのではありません。

化学物質的な毒素、負の心理的な毒素、重金属、その他の不要な
物質を自然な方法でデトックスすることができるので、身体が
自分で病状や問題を解決できるだけのキャパが上がります。
それで自動的に自然に改善の方向にむかってゆく様になります。

それだけではなく、壊れた骨格、機能が狂った内蔵、アレルギー、
脳と伝達物質の異常、各種中毒症、滞った身体トラウマ、などなど
解決してゆくための具体的なツールが揃っています。
全てを学ぶためには時間もかかります。

フィシオエナジェティックを使って、誰かにセッションを施して
いると『一人一人の中に宇宙を見た』ような気持になります。
本当に本当に、人間の身体は叡智にあふれています。

施すたびに、自分も相手も感動します。
「もう駄目だ」「改善しないだろう」と思い込んでいたことが、
治ってしまうと「いったいあの悩んで苦しんだ日々はなんだっ
たんだろう…..」と、不思議な気分になると受けた人達が
おっしゃいます。

今回は、こんな体験を日々目の当たりにしている世界中の
プラクティショナー達が本部にお祝いにかけつけるのです。
ドイツ、チリ、ロシア、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、
その他の国々にこの技術を紹介している機関の人々と、
実践していらっしゃる医療従事者や治療家やセラピスト達が
集合するのです。

フィシオエナジェティックで一番大切な「臨床実習」のクラス
もあります。「Best in News」という、ラファエル・ヴァン・
アッシェD.O.による秘技のシェアー講義もあります。
20周年記念パーティーもあります。

今からとても楽しみ!
5月6月7月は一年で一番忙しい時期でもあるし、
夜は仕事をするつもりです。
昼間はイベントが無い日は観光も楽しんでこようと思います。

誕生日プレゼントに、ずっと欲しかった一眼レフカメラを
プレゼントしてもらいました。
もちろん今回も持って行くので沢山写真を撮るつもりです♪

HP

関連記事

  1. 社会性が身に付くと、自分の大好きな事がわかる

  2. ホールフード(Whole Foods) ワン子篇

  3. 壁にぶち当たってるあなたへのメッセージ

  4. 生きてるヒーリングごはん:早割

  5. ポジティブな意識のコヒーレント

  6. バンテアイ・サムレ遺跡@カンボジア

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP