代替医療を学ぶには最良の環境

『ウィーン・スクール・オブ・オステオパシー』の実習室です。
明るい色合いの居心地の良い部屋で、各窓からはグリーンが見えます。
80名は余裕で実習ができる広さだと思います。

人間の身体について、全人的所見からの自然治癒力について勉強
する場として最高の環境だと思います。
wso_class1_410
L字型になっているので、下記は別のアングルから撮影した別の場所。
床は足にやさしい柔らかい天然木のフロアーです。
3日後からは、ハワイからDr.サージヒカリが来訪しハワイアンの
シャーマン治療についてのワークショップが開催されるそうですが、
そういったクラスでは床での瞑想やワークをするのでしょう。
wso_class2_410
柔らかい天然木な為、ヒールの靴など堅い靴底で入室すると傷ついて
しまうので靴はロッカーに入れスリッパに履き替えて教室に入ります。
wso_breaktime410
外人さん達が日本以外でスリッパを履いているのは不思議な光景です。
右はDr.オブ・ナチュロパシー(自然療法医)でありオステオパシー
ドクターのオーヴさん。その隣の男性はドイツの歯科医師ピーターさん。
お二人のお住まいは近いので、フィシオエナジェティックのスタディー
グループを作り、毎月集まって練習をしているのだそうです。
グループ全員がどんどん向上しているし、皆のケーススタディーを
集めて様々な症例について勉強を重ねているのだそうです。
wso_flower410
白髪の紳士が何人かいらしたのですが、紹介してもらったらなんと!
「30年前の生徒だよ」とのことでした。
30年前はまだウィーンにこのスクールが設立されていない時期で、
ラファエル先生がスペイン在住中、ドイツやオーストリアに呼ばれて
ワークショップ形式で教えていた時代です。
その頃の生徒さんなのですね。
wso_facurity410
休み時間にコーヒーやハーブティーを飲みながら休憩できる場所です。
ここもかなり広くて、のんびり休める部屋になっています。
お手洗いの「男性」「女性」の意味が最初わからなくて、男性用に
入ってしまった!(>o<) 個室から出たら男性がいて目が合ったの
ですが、フツ〜に「Hi !」と挨拶してくれました。(^^;;
wso_coffeecarpet410
それぞれのポットに紅茶、ハーブティー、コーヒーと書かれています。
カップは陶器のカップを使っていました。毎休憩時間ごとに、スタッフ
がカップやポットを綺麗に洗い、次の休憩時間前までに新しくコーヒー
やティーを入れておいてくれます。こんな大勢の分、大変な作業です。
細部まで心配りが感じられました。

HP

関連記事

  1. スワヤンブナート寺院 (Swayambhunath)

  2. 楽しいナチュラルフードストアー

  3. トルーク・マクトじゃないよ。

  4. 銀座で鎌倉の野菜とハーブを味わう

  5. 新オフィスのご紹介!セミナーや茶話会のときいらしてくださいね…

  6. 変容するホーチミン

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP