古いカフェ巡りも

ウィーンでのカフェ巡りはとても楽しいものでした。
それぞれ長い歴史を持ちその中で独特の雰囲気が表現されて
いるから、ちょっと美術館巡りのような楽しさがあるのです。

観光ガイドブックに掲載されているカフェもあります。
載りたくはなかったかもしれないけど、昔からあるし観光ポイント
の近くだから載せられてしまってるカフェもあるでしょう。
日本のBOOKだけじゃなく英語のもその他の言語のにもだいたい
同じカフェが紹介されている様子でした。
cafe_m_410
観光客が結構お店の中にいっぱい入ってしまうと、本来の
雰囲気が少し違ったものになってしまうんですよね。。。
cafe_m2_410
例えばこことか。。。オペラ座の近辺にあるカフェMo…………
美味しいしウエイターさんも紳士だし、室内は上品なピンク系
(写真でよく色が出なかった)でまとめられていて素敵なのですが。。。
cafe_d2_410
その点、こちら↑のカフェDOMMAYERは観光客もいたかもしれないけど
とにかく地元ッ子に人気が高く、ランチ時は待ちが出たりしています。
cafe_d_410
落ち着いた雰囲気で料理が美味しく、2回も通ってしまいました。
cafe_d3_410
なんと言ってもこのカフェは、中庭が最高に気持いいんです。
ウィーンは寒い土地なので、短い期間しか中庭では楽しめないのです。
5月はウィーンを楽しむには最高の時期です。
cafe_d_420
ウィーン・スクール・オブ・オステオパシーの近所、
すなわちシェルブルン宮殿からも徒歩距離です。
この日はラファエル先生やマーゴット先生の友人が集まって、
DOMMAYERの中庭でランチしました。
cafe_d2_420
あと、ウィーン市内にある最古のカフェを紹介してもらいました↓。
ラファエル先生が教えてくれた、1880年にできた古いカフェです。
cafe_l8_410
最終日の空港へ行く出発間際だったけど話しを聞いてすごく惹かれたので
朝食をいただきに行ってみました。
地元の人が、それぞれの朝をエンジョイしながら、すごく良い時間
が流れていたのが印象的でした。
cafe_l_man420
なぜかビリヤード台もあったりして。
cafe_l5_410
観光名所にあるカフェは黒服に身を包んだ紳士なウェイターさんが
英語で対応してくれるところがほとんどですが、このウィーン最古の
カフェでは気さくな感じのウェートレスさんが給仕しています。
彼女達はほとんど英語を話さず、メニューもぜんぶドイツ語です。
cafe_l7_4101
幸せ気分になるくらい、素材が美味しい朝食でした。
こういった朝食を体験したのは2度目です。
cafe_l_410
卵やパンなど世界中どこでも食べられる食材ですが、本当に素材が
自然の美味をだしているのって、今の時代ほとんどありません。
(この話題はまた後日)
cafe_l2_410
窓から外の席が見えます。
そこはカフェタイムを楽しむ人達で朝から満席。
あ〜、私も出発間際の最後の最後までたくさん楽しめました。
このゆったりした朝の時間や雰囲気を、お土産に持ち帰ってきました♪
cafe_l_kanban410
入り口の看板です。
日本でもおなじみのビオラの花だけど、ここにあると
なんだか雰囲気がイイ感じですよね。

HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 寺院で盛大な式典

  2. ラファエル先生の講義

  3. 新オフィスのご紹介!セミナーや茶話会のときいらしてくださいね

  4. マラー・ストラナの丘の上

  5. ボダナート寺院 (Bouddhanath)

  6. SegWay(セグウェイ)で市内観光

  7. 今年のもくひょう

  8. 就寝前の1時間をどう過ごすかで、あなたの人生が決まる!

  9. 頼りになるマルマルちゃん

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. メールが不達です、戻ってきてしまいました
  2. イメージを利用した記憶術を身につけると自信につながります
  3. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  4. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  5. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  6. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  7. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  8. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  9. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  10. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする

アーカイブ

PAGE TOP