プラハ(修道院だったホテル)

さて、イベント報告を先にしたので、時系列的に前後して
しまいました。(画像をクリックすると大きくなります!)

今日からは、最初に訪れたチェコ共和国の首都『プラハ
のことを書きたいと思います。
言葉はチェコ語。2013年くらいから全面的にユーロに
かえる計画だそうですが、今はまだ通貨はチェココルナ(Kč)。

チェコ共和国の首都『プラハ』で過ごす3日間は、
完全にバケーションモードでいこうと決めていました。

ホテルを選ぶときに、市街地の中心で観光に便利な場所に
しようと考えていて調べたのですが、どうも地図を見ると
中心部ではなく、向かって左寄りの方のエリアが
気になって気になってしかたがありませんでした。

左の方、すなわちモルダウ川を挟んで対岸の城がある方を
しばらく調べていたら、元々修道院だった建物を改築し
たホテルがありました。とても魅力的だったけれど、
よく見たらあの高級ホテル「マンダリン・オリエンタル」
だった!ん〜、今回は無理かも。。。(;_;)

数日後にまた調べてみたら、マンダリンオリエンタルの近く
に、もう一件、やはり修道院の建物を利用したホテルが
見つかりました。金額はリーズナブルだし評価も高かったので
Appier Residenceに決めました。

入り口はまるで民家のドアのように目立たない木のドアです。
そこから入ると、フロントにスタッフがたった一人。
この親切なスタッフにカギをもらい、部屋に入ったらあまりに
気持のよい空気が流れていたので、思わず顔がニコニコして
しまいました。この建物がある場所はパワースポットなのか?
と思うくらい、清浄なエネルギーで満たされていました。

やはり、なんとなく「惹かれる」気持ちを優先していると、
いいことがあるなぁ〜。
ここは観光ポイントからだいぶ離れているし、車が入って
これないくらい細い石畳の路地を入ったところにあるので、
本当に静かな時間が流れていました。
praha_hotel_680
最上階である4階には、朝食専用のレストランがあります。
ここに立ち入って、はじめて修道院だった形跡をはっきり
見ることができました。
一部分をそのまま残して、見えるようになっています。
praha_fs4_6802

ドアは新しいが、レンガが残っている

ドアは新しいが、レンガが残っている

同じドアの内側から見たところ

同じドアの内側から見たところ

素晴らしい木組みの大屋根

素晴らしい木組みの大屋根

屋根裏の部屋として使われていたのでしょうか

屋根裏の部屋として使われていたのでしょうか

窓から見えるとなりの建物の上に銅像が

窓から見えるとなりの建物の上に銅像が

部屋は広く清潔でかわいくて気持いい。

部屋は広く清潔でかわいくて気持いい。

そのままの壁が残されている

そのままの壁が残されている

地下一階のエレベーターを降りたところに、昔の壁がそのまま
残されていました。

このホテル、とっても気にってしまいました。
観光には不便だけど、なんとなく惹かれたホテル。
ほんとうに、いるだけで気分が良くなる。

ところが、あとからふたを開けてみたら、実は私が
一番見たかった名所のすぐ近くだったことが発覚!!
マイナーな階段を登って裏の細道から抜けて行くことのできる
ロケーションだったんです。

(画像を クリックすると大きくなります!)

HP

関連記事

  1. 美しい手技療法の本(オステオパシー)

  2. ホールフード(Whole Foods) ニャンコ篇

  3. 歴史的建物でフィシオの歴史を語る

  4. 夢と仲良くなり自分が広がる

  5. ラファエル先生の講義

  6. 受取る側によってメッセージがゆがめられる

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP