あこがれの図書館 ”哲学の間”

私がプラハで一番見たかったものは、図書館です。
出発前は忙しかったので下調べをじっくりする時間がなかったのですが、
たまたまネットで個人の方がその美しい図書館の写真を載せていたのを
目にし「絶対にこの図書館だけは見たい」と思っていました。
でも急いでいたから名前も調べず現地に向かったのです。

1日目はとりあえず半日市内観光に参加し、街の地理を把握しました。
観光ツアーは街の中心部で解散です。
ガイドさんに「とっても綺麗な図書館の画像をネットで見たんだけど、
どこか知りませんか?」と尋ねてみた。
「2カ所思いあたるけど、遠い方の図書館の方がおすすめだわ」と言い、
路面電車の路線番号と降車駅を書いて、地図には印をつけてくれました。

町中には路面電車が沢山走っている

町中には路面電車が沢山走っている

路面電車のチケットは駅に売ってるのではなく、タバコ屋さんとか新聞
スタンドでしか販売されてないという事、知らなかった!!
切符を買えずに乗車してしまったので、周囲の乗客に聞いてみたけど、
みな英語が分からない。(>o<)
その様子を見ていたプラハ在住の初老のアメリカ人男性が、ヘルプして
くれた。途中の駅で一緒に降りて切符を買いに連れて行ってくれました。

http://www.omichikahori.com/wp-content/uploads/strahof_entrance_680.jpg

歴史を感じられる威厳のあるエントランス

ちょっと冒険しちゃった感があって楽しい道のりでした。
いよいよその場所についてみると、かなり大きな施設でした。

さて、この美しい大きな施設は何だったでしょうか!?

さて、この美しい大きな施設は何だったでしょうか!?

でも、チェコ語が分からないから何の施設かは分からない。
とりあえず、図書館を探すために歩いてみた。
入り口には美しい図書館の写真が飾られてあったのですぐ
みつかった。『あった!あった!これこれ。』(^o^)

この図書館が見たかったんだ

この図書館が見たかったんだ

さっそく入場券を買い、2階に上がっていった。
まずは、左側の「神学の間」という名前がついた図書館から見学した。

ストラホフ図書館の「神学の間」

ストラホフ図書館の「神学の間」

こちらも落ち着いていてとても美しい図書館だ。

天井まで素晴らしい

天井まで素晴らしい

神学に関する書物が蔵書してあり、福音伝道者 聖ヨハネの像があった。

そしてそして、いよいよ私が一番見たかった「哲学の間」へgo!

すると……(xOx)

え〜(@o@)工事中!?

ストラホフ図書館「哲学の間」え〜(@o@)工事中!?

修復工事の真っ最中。。
入り口のところで中の様子だけ見る事ができました。
入り口の所のポスターは、その事をチェコ語で伝えていたんだと
思うけれど分からなかった。ショック〜
しばらく修復作業を見学しましたが、素晴らしい手さばきでした。

天井の高い図書館を修復するためのはしごが...

高い所にある本を取るためのはしご

その間、図書館を感じながら見ていたら、場のエネルギーと同調した
様で、綺麗な図書館の姿を見ていないのに、まるで見ているかのような?
『感動』がこみ上げてきたのでとても驚きました。
あの、元修道院のホテルに居るときのような清浄な空気感に包まれて、
懐かしい場所に行ったみたいな、久しぶりに懐かしい友人に会った様な、
そんな妙だけど、雲に包まれたような気持よい感覚に、しばらく
翻弄されながら楽しみました。

出口に売店があって、日本語の説明bookが売っていたので買ってみた。
ここの大きな施設は『ストラホフ修道院』という男性の修道院だった。

この大きな施設は「ストラホフ修道院」でした!

この大きな施設は「ストラホフ修道院」でした!

そして、この辺り一帯の名前は『マラー・ストラナの丘の上』。
団体客が大勢入ってきたので、有名なプラハの観光名所だったことが
わかりました。何も下調べしてなかった割にはとても良い場所に
導かれてきたなーと思います。よかった。(^o^)

ストラホフ修道院って意味だったんだね

ストラホフ修道院って意味だったんだね

帰りはどうやって帰ろうかしら?と、地図を開いてみた。
よく見ると、わざわざ路面電車に乗ってやってきたこの場所は、
自分が宿泊しているホテルのすぐそばだということが発覚!!

え〜!遠いと聞いてたから遠いんだと思いこんでたのに、
実は近かったんだ。。。。
人生の道でもよくあることではないでしょうか。。。(-_-)

明日は『マラー・ストラナの丘の上』からの素晴らしい景色
を掲載したいと思います。

(画像をクリックすると大きくなります!)

HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アンコール・ワット遺跡@上から見学

  2. 快適な空の旅@真っ赤&グリーン

  3. ネパール女性たちの衣装

  4. スワヤンブナート寺院 (Swayambhunath)

  5. チェコ共和国のワンちゃん達

  6. SegWay(セグウェイ)で市内観光

  7. ランセリン砂丘でサンドボード

  8. 本当に美味しい料理を味わってもらいたいDr.

  9. 変容するホーチミン

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  2. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  3. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  4. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  5. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  6. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  7. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  8. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  9. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  10. 自己紹介に自分の「夢」を語る

カレンダー

2010年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP