マラー・ストラナの丘の上

(画像を クリックすると大きくなります!)

『マラー・ストラナの丘の上』にある修道院に導かれて行ったのは、
元修道院のホテルに宿泊し、私がそういうモードになっていたから
なのか!?  (^^;;
パラダイスという場所はもしかしたらこんなところなのかもしれない?
と思ったくらい、幸せな場所でした。

丘の上からの眺め(ちょうど中心あたり)

丘の上からの眺め(ちょうど中心あたり)

この丘の上に立つと、プラハの街が一望できます。180度以上の
素晴らしい展望です。右手の丘は森になっていて、小鳥のさえずり
が響き渡っています。
小鳥のさえずりは、斜面に反射してエコーのように響きます。
静かにベンチに腰掛けて、響き渡る小鳥の声を全身に感じ、
それを味わいました。
おみやげに持って帰りたくて、i-Phoneで動画撮影してみた。

丘の上からの眺め(少し左より)

丘の上からの眺め(少し左より)

左手には貴族の家々があったり遠くの教会も見え、小さなぶどう畑
があったりするのどかな風景です。

左の方に小さなブドウ畑

左の方に小さなブドウ畑

ここから坂を下ってゆくと、宿泊先のホテルまで歩いてゆけることが
わかったので、地図を頼りにゆっくり探索しながら歩きました。

ストラホフ修道院から坂道を下って

ストラホフ修道院から坂道を下って

かなり歴史を感じる外壁

かなり歴史を感じる外壁

だんだん「プラハ城」に近づいてきたので、お土産屋さんが増えて
きました(撮影はしていないけど)。これまでの道のりの静けさとは
うって変わって、人が沢山歩いていました。

目立たない階段をのぼってゆく

目立たない石階段を降りてゆく

沢山のお土産屋さんに埋もれて、見過ごしてしまいそうなくらい
地味な階段と坂があった。おそらくこのあたりを曲がっていったら
ホテルにつくんじゃないか?と思って進むと、すぐ看板が出てた。

美しい壁画

美しい壁画

美しい壁画がかかれた建物は、ゴシック様式の特徴だとか。
このシックで上品な建物の前の道はこんなに↓細い。

石畳の坂をあがる(右手が上の建物)

細い石畳の坂(右手が上の建物)

ホテルの前に到着!
向かい側の建物は、修道女が出入りしている。現在もまだ
修道院として残っている場所の様だ。

ホテルの向かい側の建物から修道女が

ホテルの向かい側の建物から修道女が

ホテルの中庭に咲いていた、お花です。

お花と薄緑のバックで綺麗な構図

お花と薄緑のバックで綺麗な構図

アピア・レジデンスの中庭

アピア・レジデンスの中庭

ホテルの中庭です。
こじんまりした小規模のホテルだけれど、いい感じの中庭も
気に入りました。

この裏道を使って出発の日の午前中にも、もう一度マラー・ストラナの丘
に行ってストラホフ修道院でゆっくり時間を過ごしてきました。(^-^)

(画像を クリックすると大きくなります!)

HP

関連記事

  1. チェコ共和国のワンちゃん達

  2. クリエーティビティーが触発される空間

  3. あこがれの図書館 ”哲学の間”

  4. プラハ城の赤いあじさい

  5. 他人が創った架空の世界に臨場感

  6. “瞳”と“生まれ順”でわかる個性と強みで、本質的なコーチング…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP