プラハ城の赤いあじさい

(写真をクリックすると大きくなります)

プラハのシンボルになっている『プラハ城』は、あちら側(市街地)
から見るとモルダウ川の向こう岸の、丘の上にそびえたち、
町を見おろす様な形で存在している。
14世紀のカレル4世の時代からほぼ変わらない姿を留めているそうです。
私はお城側に滞在していたから、見れなかったのですが、
夜はライトアップされているみたいです。

プラハ城ちかくのカフェ

プラハ城ちかくのカフェ

お城を見にくる人が多くても、なんとなく静かな雰囲気なのです。

お城近くに、日本で見た事がない赤いアジサイが

お城近くに、日本で見た事がない赤いアジサイが

プラハ城の入り口

プラハ城の入り口

丁度、衛兵の交代の時間だった。
ローマの様に派手ではないが衛兵達が演奏し、マーチする。

衛兵

衛兵

お城の中は撮影禁止。
敷地内には、貴族のための教会がある。

聖ヴィート大聖堂

聖ヴィート大聖堂

カレル4世の時代から増改装が繰り返され、1929年に完成。

聖ヴィント大聖堂

聖ヴィント大聖堂

ゴシック様式の教会。

教会の中から

教会の中から

教会には沢山のステンドグラス窓がある。
チェコの偉大な芸術家アルフォンス・ムハ(ミュシャ)の作品。

教会の中

教会の中

真っ赤なアジサイ、めずらしい!キレイ!

真っ赤なアジサイ、めずらしい!キレイ!

結局、赤いアジサイのインパクトが強くて、本日のメイン
イベント!?になってしまったかも(^^;;

(写 真をクリックすると大きくなります)

関連記事

  1. 知ってる事も、知らない事も、

  2. プラハにはいろいろな建築様式

  3. マラー・ストラナの丘の上

  4. お菓子のお家

  5. アジサイの季節だね

  6. 甘いもの嫌いな子は王子様になれるかも

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP