車窓にて(プラハ to ウィーン)

(画像を クリックすると大きくなります!)

ヨーロッパでの旅の醍醐味は列車での旅だと聞いたことがある。
思いきってこの経路(プラハ→ウィーン間)の移動は、電車を使って
みることにした。何もかもがスムーズだった今回の旅の中では、
ちょっと大変だったかもしれない。(^^;;

何が大変って、駅にいるのは観光客ばかりだから、何か聞いても
「私が聞きたいくらいよぉ」と。かといってチェコ人には
「英語分かりません」と言われ、セキュリティーガードに
「この列車は何番線から発車ですか?」と聞いても「知らない」と。
結局、乗車するまで40分くらい駅構内をウロウロしていたかも。

乗車前に結構シンドカッタので、ファーストクラス(グリーン車
の様なもの)のチケットを買う事にした。
ネット上で「電車でスーツケースを上の棚に上げるのは本当に
大変だった」という意見を数件みかけたからです。

ファーストクラスの座席(指定無し)

ファーストクラスの座席(指定無し)

やっぱり正解でした。ここの座席なら個室だしスーツケースを上の
棚に置く必要もない。
それに車窓からの眺めは噂どおり素敵なものでした。

田園風景で癒される

田園風景で癒される

田舎の景色を見ながら、列車は進む。

何やらまた黄色い畑が

何やらまた黄色い畑が

先日のバスからの景色の時も見えた、黄色いところがまた現れた。

だんだん色濃くなってきた黄色畑

だんだん色濃くなってきた黄色畑

太陽の海みたいじゃない

ヒカリの海みたい

これは西洋アブラナの花畑なのです。
黄色い花が満開で、辺り一面が太陽のヒカリのように黄色く輝いてました。
この花はキャノーラ(Canola)で知られています、キャノーラオイルを生産
するための畑なのです。

キャノーラの花畑が広がっている

キャノーラの花畑が広がっている

くつろぎながら

くつろぎながら

レストランからウェイターさんが注文を取りにきてくれました。
車窓から、ゴージャスな自然を堪能することができました。

さてさて、多少前後しましたが今回の中欧へのイベント参加の旅の
報告はこれでおしまいです。

というか、今日これを書いているのは実は6月6日なのだ。
予約投稿しているんです。

なぜかというと、明日6/7にベトナムに旅立つからなのです。
毎夏恒例の、甥っ子を夏休みの間、預かる季節がやってきたので
今年は彼をベトナムに迎えにゆくのです。

さぁ〜て、ヨーロッパモードからアジアンモードに切り替えを
しなくてはいけませんっ!!

(画 像を クリックすると大きくなります!)

HP

関連記事

  1. 風水的に最良の地区@プチョン

  2. ホメオパシーについての掲載をとりやめます

  3. ホワイトアスパラガスeveryday!

  4. 聴導犬ハーモニーちゃん

  5. たいせつな友達

  6. ラファエル先生の講義

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP