タ・プローム遺跡@カンボジア

(画像を クリックすると大きくなります!)

1186年に建築された『タ・プローム Ta Prohm』の遺跡は、昔テレビで
見たのを覚えていました。遺跡と樹木が一体化しているのが特徴的
だったからです。
taprohm_2
熱帯で管理を行なわないとこの様になる、という事がよくわかります。
ここの遺跡では自然の力を明らかにするために、樹木の除去や本格的
な積み直しなど修復の手を下さないまま据え置かれているため、
巨大に成長したスポアン(カジマル?)の木に押しつぶされながら、
寺院の体裁を保っている遺跡の状態を見ることができます。
taprohm_5
このスポアンの木は、とても柔らかいので家具や家には使う
ことができないのだそうです。唯一の使い道としては、
やわらかく水に浮くのでいかだを作るのに使っていたそうです。
taprohm_1
植物の繁殖力はすごい。
taprohm_4
この寺院は創建時はジャヤヴァルマン七世が母親のために
造った仏教僧院です。
時代が変わって後にヒンドゥー教寺院に改宗されたので、仏教色の
強い彫刻や像の多くが破壊され削り取られてしまっています。
taprohm_31
人間と比べると巨大化した樹木の大きさがよくわかります。
(私達、元気そうに見えるけど熱中症になりかけかも……)

この後はランチ。義理の妹はここでグロッキ〜(>o<)
「ワタシをエステに連れて行ってください。そこで待ってます」
とガイドさんに告げ、観光ツアーから抜けてゆきました。(^^;;

(画像を クリックすると大きくなります!)

HP

関連記事

  1. どんな老人になりたい!?『今』が勝負だねっ!

  2. クリエーティビティーが触発される空間

  3. 『チェスキー・クルムロフ』の城

  4. あなたを知る、わたしを知る、人間関係の講座ご案内

  5. あなたとおしゃべりしてるとキモチいい♪

  6. チェコ共和国のワンちゃん達

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP