ホメオパシーについての掲載をとりやめます

前回9/12の記事に対して、沢山のコメントをおよせいただき
ありがとうございました。

このブログは、ブックマークから来ていただいた方、もしくは
リピーターの方が約80%以上を占めるサイトです。
また、検索でいらした方の「検索文字」は、私のフルネームが
最も多く、他の言葉はまばらです。

コメントの内容も、深い話しであったりご自身のことにあてはめた
プライベートな内容であったりすることが多いので、コメント欄
ではなく、メールフォームからしてくださる方がほとんどでした。

9/12の記事は、検索でひっかかりやすい内容だったのか、普段
見ていただけない様な専門家の方々にも観覧していただいた様で、
アクセス数も突然10倍以上になっております。
さらに、ツィッターでこの日の記事についての批判もされたので、
逆にTwitterのフォロー数も若干増えたりしました。

実は、このホメオパシー論争については、続きの記事をもう3つ
ほど書き終えておりました。
ヨーロッパのホメオパシー事情についてもお話ししたかったし、
私が見た海外の科学者の文献のこと、さらに自分がホメオパシー
を利用した時どんな時に効果が出なかったか?どんなケースで
一瞬で効果が出たか?などについても、お話ししたいと思って
おりました。

中でも一番お伝えしたかったのは、ホメオパシーを宗教の様に
妄信してしまった結果、周囲のまったく関係ない人々に迷惑を
かけてしまったケースについて少し触れたかったのです。
ホメオパシーを仁丹か肝油ドロップのように、素人判断で
しょっちゅう服用している一般人の方々を何度かみかけたこと
があったので、エネルギー情報を使った療法を利用するにあたって
「甘く見すぎてはいけない」という警告も促したかったのです。

ただ、このままホメオパシーについての掲載を続けますと、
9/12の様に、お医者様や科学者様からの専門的ご意見に対し
返答できないことが多くなってしまいますので、残りの記事は
掲載をとりやめることにいたしました。

これまで、代替医療や自然療法について興味をもって勉強したり、
文献を読んだ事が無い方、もしくは読む必要のない分野の方々に
対して、1から私の話していることの意味を説明をするわけ
にはゆかないからです。

ということで、これからも引き続き、私のクライアント様や
ご縁のあった受講生様や友人達、それから代替医療に興味の
ある全ての方々に向けて、あくまでも個人的な見解を書かせて
いただきたいと思っております。
(とはいっても、プライベートなことや趣味の事の方が
多いんですけどね)

そんなわけで、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。m(._.)m

HP

関連記事

  1. 野田観光案内!?(なぜワタシが…)

  2. 変容するホーチミン

  3. バンテアイ・サムレ遺跡@カンボジア

  4. 代替医療は未病のときにこそ利用したい

  5. ビバ!メヒコ !

  6. 玄関先に咲くブルーの花

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP