職業も年齢層も違うけど

今日は「酒向先生の誕生日会」という名目で、医療&治療家
メンバーが集まり飲み会がありました。
写真はもうシンデレラタイムに近づいていたために、
メンバーがほとんどいなくなった後だったのですが、
20代〜60代の蒼々たる面々があつまっていました。
nomikai270_2010sep
針灸師、歯科医師、外科医、セラピスト、etc…..みんな
それぞれの専門分野で、それぞれ違ったアプローチをして
いるのですが、人の身体と向き合っていると、年月を重ねれば
重ねるほど「自分は何もコントロールできない」
「私達はただのサポーターにすぎない」
ということをはっきりと知るようになります。

若い頃(なりたての頃)は、治療をした事で良い結果が
出ると「もしかしたら自分ってすごいのかも」と錯覚する
こともよくあります。
でも、年月がたってくると、よりいっそう自然(=体)に
対する尊敬の念が高まり、ただただ敬服するようになります。
これが皆の共通点でしょうか。

誕生日を迎えた医学博士の酒向猛先生は、
隠された造血の秘密 腸管造血説と幻の造血幹細胞
の著者です。

血液は骨髄で造られるという骨髄造血説が定説となって
いますが、骨髄造血幹細胞はその機能は確認されていても、
形態学的には完全に確認されているとは言えない状態に
あるそうです。
最近の幹細胞研究の進歩により、骨髄以外の多くの臓器にも
造血幹細胞が存在することが証明されてきたのだそうです。

著書の題名にもある腸管造血説は、30年以上前に生物学者の
千島喜久男博士 が唱えた「千島理論」の一部。
筆者は、医学の閉塞状態を改善するために、医学や生物学の
基礎理論を根本的に再検討することの必要性を述べています。
難しい本ですが、とても興味深い内容が書かれています。
drsako_book270

HP

関連記事

  1. 頼りになるマルマルちゃん

  2. 人気急上昇

  3. 古いカフェ巡りも

  4. 幼少のころからのプロジェクト

  5. 【ボディーエコロジー】日程決定!

  6. 毎日はダメよ

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP