旅のことならヨシさんに聞け!

昨日は、アメリカ行きのお話を書いたのですが、
実は今回の旅はそれだけではないのでした。。。

4日間のコンフェレンスを終えて10月3日にアメリカを
出発し、4日に成田に到着します。
が、日本へは入国せずに、そのままタイ航空に乗り換え
てバンコックに向かいます!そして、バンコックで
一泊し、翌朝は目的地であるネパールに行きます。
nepal-map360
ネパールでは、私の仏教哲学の師匠が、称号を授与される
国の式典があるので、お供させていただくのです。
国の式典など滅多に出席できるものではありませんし、
なによりブッダの聖地での行事です。
こんな強行スケジュールになってしまいましたが、
ありがたく同行させていただくことにしました。

ネパールに行くのは初めてです。
初めての国に行くときには、この人に聞けば色々な為になる
情報を聞くことができます。旅行の生き字引的存在!?
yoshi270
ヨシさんは、2ヶ月おきにNYと東京を往復しているだけでなく、
合間に海外or国内旅行をポンっと入れて、ササっといろいろな国
を旅していらっしゃいます。
旅のお話しを聞かせてもらうのは、ためになるし臨場感あふれて
いて楽しいです。なにせ身軽な男性の一人旅ですから、
レアな体験にあふれた冒険物語。うらやまし〜。

ヨシさんによれば「ネパールは、なんか1000年くらいタイム
スリップした様な雰囲気だったよ」とのことでした。
ネパールでは30以上の民族が暮らしていて、それぞれに独自
の言語や文化をもっているそうです。
カトマンドゥは都市ですが、それ以外では昔ながらのゆったり
した素朴な生活が営まれているそうです。

女性は何ともいえない美しい色合いの糸で織られた衣装を
身にまとっていて、気品に溢れている様に見えたそうです。
もちろんゴージャスという意味ではありません。
ネパールの人達は、他のアジア諸国にはないような雰囲気を
もっていて、「誇り高い」意識を持っているように感じた
とのことでした。
インド人を嫌っているというか、一緒にされると怒るそうで
「インド人と自分達は違う」という気高さがあるそうです。

だから、他のアジアの国々で、よく私達日本人が遭遇する
ような「ぼったくり」や「ふっかけ」がほとんど無いので、
気分よく安心して旅ができたのだそうです。
(もちろん情勢によって注意しなくてはならない時期もありますが)
nepal_omiyage360
ネパールにはいくつかの世界遺産があり『ブッダの生誕地』
であるルンビニもその一つです。
紀元前5世紀ころシャカ族の王子“シッダールタが生まれた
所であり、仏教四大聖地のひとつです。

カトマンズには2泊しかできないし、どんなスケジュール
になるかもわからないのですが、とても楽しみです。
ネパールの風景をカメラに収められたらいいなーと思います。


HP

関連記事

  1. 不動産屋さんから教わった遊び@カンボジア

  2. 水平線を望むバンケットルームで

  3. カラフル@インターナショナルスクール

  4. オタクはオトク!?

  5. 三代前までの生まれ順と、虹彩療法で体と心のことがわかる!ラミ…

  6. 専門的にセラピーを勉強したい方に朗報

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP