スワヤンブナート寺院 (Swayambhunath)

(画像をクリックすると拡大されます♪)

小高い丘の頂上に建つスワヤンブナートは、ネパール仏教寺院。
四方を見つめる大きな『ブッダの智慧の目』が描かれた、
ストゥーパの様な建物があります(似ているが仏塔ではない)。
仏陀の目は「いつもあなたの行いを見ていますよ」という意味
があると聞きました。
nepal_temple4_680
昨日ご紹介したボウダナート寺院の仏塔はネパール最大
でしたが、こちらは小さいけれど、ネパール仏教にとっては
最も重要なものなのだそうです。
nepal_temple1_680
400段弱の急な石階段を上ったところが寺院の中心になって
います。
このお寺は、なんと!天然クリスタル(水晶)の上に建って
いるのだと教えてもらいました。
本当に「最も重要な聖なる場所」という言葉がピッタリな気場です。
nepal_temple3_680
こちらにも同じく、チベット仏教の特徴を示すマニ車が並んでいます。
これをクルクル回しながら巡礼します。
nepal_temple8_680
境内には、様々な様式の仏塔や僧院がならんでいます。
ブルーの仏陀像、気になります。
nepal_temple_monckys680
スワヤンブナートは、外国人観光客から「モンキー・テンプル」
と呼ばれるほど、境内に猿が多いことで有名です。
(中央に小さく写っている↑のがモンキー達/拡大すると見れます)
nepal_budda640
現地の人達が、拝んでいた仏陀像。
係の人がつきっきりで、小さな石の中に入っています。
一定の時間になったら鎖のカーテンでがっちりガードして
いました。ゴールド製なのでしょうか!?

(画像をクリックすると拡大されます♪)

HP

関連記事

  1. いつまでも美しく健康でいてください

  2. アメブロの紹介

  3. 風水的に最良の地区@プチョン

  4. 私が感じたネパール

  5. ボディーエコロジー®講座内容

  6. アファメーションの一種か

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP