高貴な子供に/キーワードはエフィカシー

『リンポチェ』(活仏)の認定を受けたお子さんと、
ネパールではじめて会いました。

リンポチェとは、直訳すると「大いなる価値」という意味で、
人に対して使用する場合は「高貴なるお方」となります。
通常はチベット仏教において、尊敬に値する宗教者すなわち
高僧に対して使われる尊称です。
nepal_linpoche4_410
リンポチェになるには二つのパターンがあるそうです。
ひとつは、30〜40年修行した何千人もの僧侶の中から選ばれ
リンポチェになるケース。

もう一つは「前世でもリンポチェ以上の高僧だった」
「リンポチェの生まれかわりである」と認定されるケースです。
転生活仏ということですね。

後者のケースにおいては、2歳でリンポチェの生まれ変わりの僧として
認定されると、その後はリンポチェとして高い教育や修行を積んで
ゆかれるのだそうです。

セキュリティー上お顔は出せません

セキュリティー上お顔は出せません

どんな方が認定を受けるのだろう?と常々思っていたのですが、
はじめて生まれ変わり認定を受けた、本物のリンポチェを
目の当たりにして「これは普通の2歳児じゃない!」と感じました。

まず、風格が違います。こちらが彼の笑顔を見たいと思ったら、
笑顔を手向けてくれます。
差別無く、みんなに手を振りとても品の良い笑顔で微笑み
かけてくれます。 それから精神的にとても安定しています。

2歳児なのに、数時間にもおよぶ仏教の催事中も、だまって
膝の上に座っていることができます。
もちろん、居眠りもしないし奇声を上げたりもしません。
じっと座り式典を見守っています。

それでいて、普段はとても素直で子供らしく最高にかわいらしい
子供なのです。いなぃいなぃば〜が好きでコロコロ笑います。

この風格と清純さと誇り高い笑顔は、ただ者じゃない!

本当に生まれ変わりかどうかは別として、
「どうしたらこんな子供に育つんだろう?」と
誰もが感激する様なお子さんです。

誰も何も手出しできない、強力なお守り

誰も何も手出しできない、強力なお守り

キーワードは『エフィカシーの高さ』でしょうか。

エフィカシーとは、どんな状況下においても「自分にはできる」
といった、自分の能力を信じている精神のことです。
幼少の頃から「リンポチェ(活仏)として、周囲の人々から
扱われているわけです。

周りの大人は、子供として接し遊んだり笑わせたりももちろんしますが、
基本的に「この子はリンポチェだ」と思いながら、尊重の念をたむけ
接するわけですから、それは子供に通じるということです。

よく、偉人の伝記を読むと母親に「あなたは偉くなる人だから」と
言われ続けて育った、という話しを聞きます。
(みのもんたさんもそう母親に言われ育ったそうですね)

一般的には、親は子供がダメなことをした時にダメだったことを指摘
して、この次には同じ過ちをおかさないようにと叱りがちです。

でも、もしかしたらこのリンポチェ方式で子育てをしたら、ものすごい
ゴールデンチャイルドが誕生するのではないか、と思うんです。

ようするに『ダメ出し方式』ではなく『あなたは偉い方式』ですね。

そう、きっと…… どの子もゴールデンチャイルドなんでしょうね。
本当は!

エフィカシーの高い子供は、自分の能力を信じています。
何が起こったとしても『自分を信じている』心を持つことは、
何にもかえがたい人生の強みとなるでしょう。

HP

関連記事

  1. 幼少の頃に影響を与えてくれたメンターは

  2. ラファエル先生の講義

  3. SNS(ソーシャルメディア)を通じてマインドコントロールされ…

  4. スティーブさんから聞いた話し

  5. サイトをリニューアルしました(テーマは熱帯雨林とカエル)

  6. 水平線を望むバンケットルームで

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP