生のハーブでお茶を入れる

庭から採ってきたばかりのハーブで、
ハーブティーを入れると、販売されているドライの
ハーブティーとはまた違った味わいと風味が楽しめます。
hearbtea
この写真に写っているハーブは、レモングラス、マジョラム、
レモンバーム、ローズマリー、などです。
一種類のハーブティーも、好みのものなら美味しいのですが、
癖がある香りが気になる方は、ミックスしてブレンドハーブティー
にした方が飲みやすいと思います。

数種類のハーブを、はさみでカットしたり手でちぎったりします。
レモンバームは、売ってるドライハーブを見ると葉の部分が入って
いますが、実は茎の方が香りが濃厚で美味しくお茶を入れること
ができるのです。

ですので、レモンバームは茎の部分をネギのようにハサミで
斜め切りにします。
その他の葉もののハーブは、細かく葉っぱや茎をちぎって、
全てボウルに入れます。

そして、ハーブの香りをたたせるためにボウルの中の葉を
ハーブ専用のスリコギ(の様なもの)で、そっとつぶします。
その時、決してゴリゴリしないことです。
あくまでも、そっと優しく香りをたてるつもりでやります。

温めておいたポットに全てのハーブを入れて、お湯を注ぎ
蓋をして蒸らします。
少しすると、それはそれは美しい黄緑色に変わりますので、
綺麗な色になったら、飲み頃です。

香りを楽しみながら、いただきます。
元気のある生のハーブのお茶は、ものすごいパワーを
くれます。(^O^)♪

HP

関連記事

  1. 代替医療を学ぶには最良の環境

  2. 後ひく美味さ、7種類味があるスィートポテト

  3. 道ばたのメッセージ

  4. オタクはオトク!?

  5. はじめてのアンニョンハシムニカvol.1

  6. ラファエル先生の講義

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP