身体意識の高い人が禁ずるもの

私の大大大好き♪なバレリーナの井脇幸江さんが書いていらした
ブログの記事「禁止と言えばストレッチ」に賛同しました。
とても同じ人間とは思えないような身体意識をお持ちで、
立ってるだけで震えるような感動を引き起こさせる
天才プリマの方です。

私はバレリーナでもプロのアスリートでもありませんが、
多くの人の身体に触れてきた経験から、ストレッチを
無理矢理することの弊害に多く遭遇してきました。

自由に「伸び」のつもりでストレッチしている方ではなく、
無理にポーズを決めようとする形のストレッチにおいて、
特に悪影響があるようにおもいます。

私の筋膜リリースの師匠であるJ.F.バーンズ氏も、
「ヨガをしている人が身体を壊してよく来院する」と
話していましたが、ほんとうにそうなのです。

ボクのヨガマットだよ(byサミュエル)

ボクのヨガマットだよ(byサミュエル)

ヨガといってもとても奥が深いものですし、様々な流派があるので、
ひとくくりで語るわけにはゆきませんが、簡単にいうと「ヨガの真髄を
排除したやり方」をしている方にそのような傾向がみられると思います。
気軽にやっている、なんちゃってヨガ体操みたいなものでしょうか?
ヨガのインストラクターではない方が教えている時にみられます。

本来はヨガでは呼吸法が重要であり、身体を緩めるためにあるのです。
それなのに、決まりのポーズをしようとして形にこだわるあまりに
無理やり辛さを感じながら体を歪んでねじらせたりする。。。
中には、無理に生徒さんの体を押してる人もいたりしますし。(>o<)

samuel680_2

お化けのポーズ♪(猫ヨガ)

身体の片側で凝り固まった部分があるのに、反対側と同じように
折り曲げようとして、結局は体をゆがませながらポーズを作る。
こんな感じで行なっているのかもしれません。

昔から伝わってきたヨガではなく、現代風にアレンジして流行らせ
ている◎っ◎ヨガを継続的にしている方にも、そのような傾向が
みられます。(;_;)
私の知っている方は、そのヨガをはじめる前よりもっと体が硬くなって
しまいました。カタレプシーによるものでしょうか。

とにかく、体を緩ませることなく、硬いままで無理矢理に
ストレッチやヨガのポーズをとる事で身体を壊してしまいます。

samuel680_3

ゆるみ過ぎ(^^;;ベロが出てますぅ

正しい『ゆるみかた』を先に習得したほうが、より良い
結果が得られます。
「先」というより、ストレッチと一体化させるべきでしょう。
そして、体をどこから曲げるか?の身体に対する意識を
変えて行なう様にすると、より安全で快適です。

「正しいゆるみかた」は、ストレッチやヨガ、そしてダンスや
スポーツの基本、という以外にも多くの利益をもたらします。
ボディーエコロジーのクラスの中でもお話ししてますが、
追々、記事にしてゆこうと思います。

HP

関連記事

  1. 甘いもの嫌いな子は王子様になれるかも

  2. どんな老人になりたい!?『今』が勝負だねっ!

  3. セットバックの天使

  4. Blogのテンプレートを変えました

  5. 女性のためのセミナー開催します!

  6. 寺院で盛大な式典

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP