知ってる事も、知らない事も、

先週フードデザイニストの笹生暁美さんと一緒に、普茶料理
(ふちゃりょうり)をいただいてきました。
普茶料理とは、約300年前に中国の明の隠元禅師が 京都宇治に
黄檗山萬福寺を建立した時に、日本に入ってきた精進料理です。
私もはじめて知ったのですが、日本の精進料理や懐石料理は、
普茶料理が源になっているそうです。
bon_gate
暁美さんも私も自営業を営んでいます。
といっても女性起業家という雰囲気でもなく、逆に職業がら
いつも力が抜け、ふわふわ〜な感じでいます。

だからでしょうか。。。。
仕事関係ではない周囲の人達(友人や家族など)によく言われる
ことがあります。
「いったい何をやっているのか?よくわからない。」
「なぜ、何が、いったいそんなに忙しいのか?さっぱりわからん。」
と。。。。(;_;)

(今日話しててわかったのですが、暁美さんも周囲から同じ様な
ことを言われるとおっしゃっていました)

例えば、物理的に目に見える店舗があるとか、毎朝電車に乗って
会社へ行っているとか、良く知られている職業名がついているとか、
であれば、ある程度「何してる」「なぜ忙しい」も、誰もが理解
できるのかもしれません。

でも、私のことに関しては、
「事業内容がよくわからない」
「毎日何してるのかよくわからない」
「だってセミナー開催が無い日の方が多いんでしょ?」
って。ん〜〜。

はい、最初の頃はいちいち唸っておりました。(^^;;
「クラスが無い時の方が忙しいんだよ」「だって会社なんだよ?」
と、必死で説明したり。
昼間に出掛ける用事があったり、ミーティング・ランチする時などは、
帰宅してから夜遅くまでお仕事をしている事実を話したりとか。。。

でも今は、面倒だし、別に分かってもらえなくても支障ないし、
そのまま放置してあります。(^^;;
だって、仕事だからやっているというより、目的や展望を持って
やりたくてやってる事ばかりしてるのだから、悲壮感は
どうやっても出ないはずですしね。。。

『何やってるか謎な人』キャラでいきますっ!OK!

家族でさえ、やっと「よくわかんないけど、忙しそうなのだけは
把握しました」程度の理解(たぶん)です。
なので、その点に関しては問題ありません。

知らない世界を理解できないのは、私にとってはまったく問題ない
のですが、知らない世界を勝手に想像して”決めつける”のは、
困ります。(:_:)

「他人の心を決めつける」

ということです。

私は、疲れた顔をしてたり、元気がなかったり、枯れたように
なってたり、肩がいかって硬直してたりすることが無いから、
精神的にも物理的にも、あらゆる面で『余裕』を感じさせる、
とも言われます。

そのせいか、私に対して
「いいよね。心のプロは。何も悩みとかなくて。」
「何があっても大丈夫な精神で、いいなー。」
と、言う人がいます。

確かに、他者のモチベーションを上げたり健全に導く
ことを商いとしているのだし、いつでも心身をクリーンな
状態に保つ努力はしています。

が…….
それはないでしょ=!?
プロだとしても、人間です。心があるのです。
そう言われると、驚きと困惑の気持に苛まれます。

他者の心の状態とか、気持とか感情を勝手に想像して
それを「真実」として言動をおこすと、いろいろな
面で支障がでてきます。

相手にとってもすごく失礼なことですが、それよりなにより、
自分の精神衛生上、とても良くない影響があります。

認知心理学でも心を安定させるために「勝手に人の心を決めつける」
事は、やってはいけない事として伝えられています。

常に「あの人は今こう思ってるに違いない」
「この人は口とは裏腹にこう思っているだろう」と、
勝手に想像し、感情を揺り動かされるのですから、
精神が安定せず、いつも勝手な想像に悩まされて
生きてゆかなくてはなりません。

そういった不安な世界観から脱却する方法として、
「ラベリング」は、簡単で効果的な方法です。

何か感情が浮かんできたら、それを客観的に観察し
これは「妄想」
これは「怒り」
これは「嫉妬」
これは「自分の希望」
など、淡々とただシールを貼ってゆく作業をするのです。

続けていれば、妄想に振り回されることなく自分を俯瞰する
習慣ができてきます。

と…

ランチ中にお仕事のことなど色々お話ししていたら、共通の
体験をしていた事が分かったので、おもしろいなーと思いました。

普茶料理 (^^)
bon_okazu

bon_nimono
bon_agemonobon_desert

梵(ぼん)

関連記事

  1. 壁にぶち当たってるあなたへのメッセージ

  2. レモンが甘くなる♡人生が楽しくなる

  3. タ・プローム遺跡@カンボジア

  4. チェコ共和国のワンちゃん達

  5. 風水的に最良の地区@プチョン

  6. SegWay(セグウェイ)で市内観光

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP