老猫の慢性腎不全による排尿問題とご飯ちょうだい攻撃を緩和させる食事ケアーについて

19歳の猫のキリは、人間の年齢に換算すると93歳です。

食欲旺盛で、3匹の犬を従え女王として活発に暮らしているキリですが、やはり老猫特有の問題は出てきます。

現在は2つあって、1つは「ご飯もらってない!」という主張がヒドいこと。もう1つは排尿の問題です。

ホリスティック獣医師の先生に相談したところ、老猫のケアーについてとても有用なアドバイスをいただきましたので、皆様にもシェアーしたいと思います。

ジョージア州マリエッタ市(90年代はじめ)

ジョージア州マリエッタ市(花吹雪がきれい)

とーっても元気いっぱいで自己主張の激しいキリちゃんですから、「お腹すいたぁ〜!」攻撃は、それはそれはものすごいのです。

しかも、昨年くらいからご飯の時間だけでなく、昼寝から目覚めるとまっさきに「ごはんもらってないぃぃ!」と訴えるようになりました。

昔よりも睡眠時間がさらに増えましたが、物音で目覚めたりするとその度に大声で「まだご飯もらってないしぃ!」と言うのです。(耳が遠いので声がめちゃくちゃ大きいんです)

友人宅の99歳のお婆ちゃんと同じです。お婆ちゃんも一日に何度か「ご飯もらったかね?」と家族に言っていましたが、キリちゃんもそれに似た症状なのかしら…と思っていました。

痴呆症の為のホメオパシー製剤を与えると、1〜2日くらいはマシになりますがまたすぐに元に戻り「ご飯!ご飯!」と叫んでしまいます。

ニューヨーク市内(90年代中頃〜後半)

ニューヨーク市内(East Riverを眺めるキリ)

もう1つの問題である排尿ですが、ほとんどの猫さんは歳をとると加齢性の慢性腎不全による腎臓からの排泄障害がおこります。

お水を大量に飲み、大量におしっこを出します。

また、目が悪くて見えなくなったり、足腰の関節が弱ったりで、段差があるトイレの中に入れなくなる子もいます。

キリちゃんはトイレの側に敷き詰めた犬用のトイレシートの上で用を足しています。排尿量や回数が多いので大変です。

トイレに入ってもらいたい場合は、よいしょと登らなくても老猫でも関節に負担をかけず簡単にトイレに入れるように、手製の階段を作って入り口に添えてあげると良いみたいです。

カリフォルニア州ビバリーヒルズ市内

カリフォルニア州ビバリーヒルズ市内

これらの2つの問題(症状)は、どちらも同じところからきている事が、先生からのアドバイスでわかりました。下記にまとめてみますね。

我が家の場合は手作り食を与えていますので、老猫に必要な栄養素をもう少し多めに加えることにしました。元々、猫は脂肪から糖を作りやすいため、犬の2倍脂肪分が必要だと言う事は、以前の記事に書きました。(ホールフード・ニャンコ篇

キーとなる栄養素は『必須脂肪酸』だそうです。

必須脂肪酸の摂取は、腎臓機能を長持ちさせるので、腎不全の猫用の食事では脂肪分が全体の20%が目安。(通常高齢食では14~16%程度)ほとんどの人が、人間と同じ感覚で考えていたりする為、ヒトよりも脂肪の要求量が多いので、油が足りない猫ちゃんが結構多いとの事です。

また、腎臓が弱くなった老猫の場合、食事の間隔が空いていると、ちゃんと食べていてもエネルギー不足になり、血糖の代謝に異常が出てきてしまうのだそうです。

ですので、食事の間隔が空く場合は小さじ1杯のオイルを与えると良いそうです。(オイルの種類は下記参照)

これらを実行したところ「ご飯もらってない!」攻撃が激減しました。

この事から、これまで「もらってない!」と言っていたのではなく「油が足りないよぉ!」とか「血糖値が下がっちゃったよぉ」と主張していたのだということがわかりました。

キリちゃん近影

キリちゃん近影


 

腎不全の老猫の食事まとめ

 

腎不全の場合、小量ずつで食事回数が多い方が良い
食事の時間が空く場合(夜寝ている間、留守番中、8時間以上)、
その前に脂肪分を与える
亜麻仁油だけでは組成的に足りないので、オリーブ油、菜種油など
ビタミンEを多く含む良い油を与える。小さじ1杯くらい。
上記の油と魚油(EPA)と両方与えてもよい。
腎不全用の療法食は脂肪分が20%が目安
(腎不全ではない通常高齢食では14~16%程度)
キャットフードを与えている場合は、添加物の少ない腎不全用の
療法食を使用した方が良い。

 
ビタミンEは抗酸化物質ですので、体の中が錆びるのを防いでくれる効果もあります。栄養素として必要プラス、フリーラジカルを無くして老化を減らしてくれるので老猫には必要ですね。

キリちゃんは、先生から処方してもらったホメオパシー製剤で腎臓のケアー中です。ますます君臨しそうな勢いで、元気にしております!

老猫の「慢性腎不全による排尿問題」と「ご飯ちょうだい攻撃」を緩和させるためのお食事ケアーについて、獣医の先生から教えてもらったことを、猫を愛する皆様にシェアーさせていただきました。
 
 
(写真はヒストリー・オブ “窓辺のキリちゃん” シリーズ)

 
 
🐱😸😼【老猫のケアー】🐈
高齢の猫のための健康カテゴリー記事を
タグでまとめました。こちらをご覧ください。
↓   ↓   ↓   ↓
http://www.omichikahori.com/tag/oldcat/
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヒマラヤの蒼いケシ④(ブルーポピー)が開花しました

  2. 雨の楽しみかたを教えてくれるベイビーブルーの紫陽花たち

  3. 雪の白を見たら触発されてホワイトガーデンを創ると決心!アファメーション

  4. フランス映画と、私の想い出

  5. サクラ最終章

  6. アイフォノグラファーとか、ググってみるとか、新しい造語もやがて普通の言葉になる

  7. テーブルビーツ(赤カブ)で作ったボルシチは、10年前の友達との思い出の味

  8. グリーン・スクール in バリ島、未来の地球環境を考えられる人に育つ教育

  9. 誰かから質問されたら、答えはブログに書いて拡散しています

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  2. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  3. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  4. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?
  5. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  6. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  7. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  8. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  9. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  10. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP