自分のバストは好きですか?マスコミに洗脳されないで自己イメージが高まるバストアップを

先週末のクラス翌日に、とても嬉しいフィードバックをいただきました。

「バストアップした!」
「デコルテがフワッとなった!」
「私はもうオンナ終り…と思ってたけど、まだまだイケてると思えるようになった!」
「旦那も喜んでケアーに協力してくれるようになった!」

などなど(^_^)

皆様は、自分のバストが好きですか?

私はこれまで、多くの女性達と関わってきましたが自分のバストが嫌いだとおっしゃる女性にたくさん遭遇してきました。

きらいな理由はほとんど同じで、「マスコミで”良い”とされているバストの形と自分がかけ離れているから」です。これは、日々雑誌などでお見本(!?)のバストを見るたびに自己イメージが下がっていってしまう仕組み…

アメリカに在住中は、豊凶手術後のクライアント様のバスト周辺の筋膜やリンパのケアーも行なってきました。アメリカでは市民病院で安く豊胸施術を受けられることもあり、アッチの方向とコッチの方向に向いちゃってるバストにされてしまうなど被害も実際にありました。

手術したことを後悔しておられる方も多かったのですが、「より良い自分に改善したい」と思い立ってやった事なのですから、それはそれで良い行いだったと思います。

ただ「より良い自分になろう」としてやった事なのに、やった後に後悔するなんてとても残念なこと。自分の考えでなく、周囲(マスコミ)の意見がモチベーションになってやった事というのは、後になって後悔の念にかられてしまうこともあります。

なぜか日本とアメリカではバストの大きさが評価の対象になっています。

下着販売の商業戦略では、向きや形や見え方について、「こういうふうなのが良いバスト」と提示しています。(そして、そうなる為には当社のブラを購入しろと)

ファッション雑誌の記事は、大抵は下着会社とのタイアッップです。冷静に考えてみると、こんな風に「思い込み」を刷り込まれ洗脳され、それによって自己評価が下がるなんて、ばかばかしい事。

でも、潜在意識は「繰り返し」に弱いので、何度も目にしたり何度も耳にしたことは自然に「思い込み」として刷り込まれていってしまうのですよね。

客観的に「あぁ、そういえば思い込まされていたかも…」と気づくことで、そこから脱することもできます。

自分自身をセクシーだと思えない女性は、端から見てもセクシーには見えません。

ところが、自分自身をセクシーだと思うためには、マスコミに刷り込まれた「良いかたち」のバストを持っていないといけない、と思い込んでいる女性がとても多いのです。

セクシーに見えるか否かは、いかに自分自身が自分のことを「ワタシはセクシー」と思い込んでいるかどうかで決まります。

バストの大きさや形とは関係なく、そう思っている女性はとてもセクシーに感じられます。(皆様の周囲でもそういう女性がいらっしゃると思います)

セクシーとは「自分の女性性に自信をもち受け入れていること」なのですね。

ボディーエコロジーで我々が行なった「バストケアー」は、セクシーを超えています。

まずは、様々な「思い込み」とはスッキリさよならし、リンパや血流がよく流れていて、超健康であり、柔らかくふんわりしていて、しかも愛のエネルギーを与え感じることができる母性愛に満ちた聖なるバストなのです。
 
 

関連記事

  1. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生…

  2. 家庭内で言葉の戦争が起こる理由は、夫婦間のコミュニケーション…

  3. モテ期を引き寄せる第一歩は、こんなモデリングをすることから!…

  4. たのしい夫婦円満術は定期的にドーパミンやセロトニンを出し、1…

  5. 婚活に応用できるポージング、親密な関係をきずく為にまず形から…

  6. 浮気をバラす人は、エネルギー的な暴力を振るった事と同じなんで…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP