相手の夢を壊そうとするドリームキラー?と思ってたけど、それは間違いだった

ドリームキラーという用語があります。文字通り、誰かの『夢』を抹殺しようとする人のことです。

例えば、誰かが自分のやりたい事や将来の夢を語った時、「そんなのムリだよ。あきらめた方が身のためだよ。」、「あんたにはできっこないんだから、やめた方が無難。」、「夢ばかり語ってないで、少しは地に足をつけて物事を考えな。」、などとコメントする人のことです。

多くの場合、自分の周囲にいる人達が”夢抹殺人”になっています。親とか先生とかコーチとか友人や恋人などです。(もちろん応援してくれる人だってたくさんいますが)

自分のことなら、失敗しても自分で責任をとれるので、多少の冒険も許せるけれど、他人(大切な人)の事だと、「失敗するかもしれない」ことを心配してしまうのです。

それに加えて、人は周囲の環境が変わることを無意識のうちに嫌います。できるだけ、今の状態を維持しようとする無意識の働き(生体のはたらき)を持っています。

周囲の人が変化を起こそうとするということは、自分の周囲の環境が変わってしまうということですから、それは人間にとって、根本的には『嫌なこと』なのです。(これは爬虫類脳の話しで進化した脳の話しではありません)

あまり親身にならないような相手だとしたら、「いいじゃん、いいじゃん」と言っているかもしれない人も、こと、自分の大切な人や周囲の人に対しては”夢抹殺人”になってしまう事があります。(でもこの心理のからくりを知った人はそうなってしまう回数が減っていくはず)

私の周りにも、こういった発言をする人がいます。

私が新しいアイディアを語り、ルンルン&ウキウキしていると必ず「そんなの、ムリだよ!」「考えが甘いよ」とパキッと言い放ちます。

”夢抹殺人”の原理を知ってから、その人には新しいアイディアとか夢を語らないようにしていました。

あそこまでパキッと否定されてしまうと、めげてしまいますからね。イケイケの気迫のまま突き進みたいじゃないですか!

ですが……

最近になって実は、相手の夢を壊そうとするドリームキラー?だと思ってたのは、間違いだった!ということに気づきました。

”夢抹殺人”ドリームキラーを語る時には、もう1つの説明が必要。それは『心理タイプの違いによるもの』です。
 

選択するときの発想がまったく違うタイプ

 
『心理タイプの違い』を考慮してみた時、誰かの新しいアイディアや夢に対して速攻でネガティブな反応を示す人達のことをドリームキラーと呼ぶのは、なんだか違うのでは!?という気がしてきました。

人は、それぞれ「選択方法」とか「計画を進める」ときのやり方とか思考法が違います。

人によって物の見方や価値観がまったく違うのは当然のことですよね。

一つ、対局の例をあげてみます。
 

何か、新しいことを始めようとしている時に、あるタイプの人は「どうやったらうまくいくだろうか」と、ポジティブな面を見て、より大きく発展させていこうとします。

 

また、別のタイプの人は「どこか悪いところはないだろうか」と、抜けてる部分やダメなところを探し、より着実に失敗の無いように物事を発展させていこうとします。

 
この2人が、新しいプロジェクトについて、将来の夢について語り合ったら、後者の方は前者の『夢抹殺人』になることは間違えないでしょう。

大きいことを言う前者に、後者はあきれるかもしれません。また前者は後者をつまらない人だと感じるかもしれません。

でも、どちらの人も悪くはないのです。

「世の中をどう見るか」とか「ものごとの決め方」の、生まれ持ったパターンが違うだけです。

精神心理学者のカールユングがうみだした16種の人格特性タイプ分けというものがあります。

ほとんどの人は、幼少の頃からあまり特性の変化はない様に思います。同じ親から生まれたきょうだいでも、まったく違っていたりします。生まれ持った性質なのでしょうか。不思議ですね。

当然の事ながら、一人の人間の心は、さまざまな基本的要素を持っています。たった1つのタイプに当てはまるはずがありません。

タイプ分けは、その数ある特性の中でも、どの機能が特に発達しているかどうか?でみていくものです。

こういったことを簡単にでも知っていれば、人間関係を悪くしてしまうこともなくなります。
 

その人はドリームキラーではなかった

 
私が「ドリームキラー”夢抹殺人”」だと思っていた人は、実は私とは真反対の特性でした。物事を見るときの視点が真逆なんですね。

だから、良い面ばかりにスポットをあててどんどん発展させてゆこうとする私の事を見ていると、改善点を探そうともせずにルンルンしているのは良くない、もっとしっかり地に足をつけてじっくり考えて欲しい、と思いダメ出しをしてたのだと思います。

逆に私はその人に対してアドバイスをするとき、「そんな蘊蓄ばかり言ってないで、さっさとやりはじめたら?」「だいじょーぶだよ!」と、何の根拠もなく、勇気づけていたと思います。

相手のテンポ(じっくりかまえる)を待つ必要があったかな、と反省しています。『ドリームキラー”夢抹殺人』の疑惑をかけてしまって、ごめんなさい。

もしも「うちの親はドリームキラーだ」とか「あの友達はドリームキラーだから付き合いたくない」と嘆いている方がいらっしゃいましたら、一度、そのお相手のタイプについて、それぞれの思考の傾向について、考えてみてください。

その人は内向的?外向的?
上手くいく方法を考える人?悪いところを改善する人?

「夢をぶち壊すためにそう言ってたわけじゃないんだ!」ということがわかれば、今まで夢抹殺人だと思ってた人との関係性ががらっと変わるはずです。

例えば仕事のプロジェクトだったとしたら、正反対の人に検証してもらう必要だって出てきます。発展させようとする力と、ダメな点を探して改善する人がコンビを組んだら、最強チームができあがりそうです!
(*^ー^)ノ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを

  2. もうどうでもよくなった古い目標のアファメーションを破り捨てなくてはいけない2つの理由

  3. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?

  4. 『どうせむり』という言葉、誰から教わりましたか?言葉のチカラはマイナスにも働いてしまうから

  5. あなたは怒られ上手?成長したければ、ダメ出し好きのMになれ!

  6. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本

  7. ティーンエイジャーに小言を聞き入れてもらいたい時に使えるワザ

  8. 言葉と音で、相手に伝えたいイメージが決まる

  9. 口癖をやめたい!習慣を手放せない!そんな時にすべきたった一つの解決法

イベント情報

 

詳細はこちらから
お申し込みフォームはこちら

 

*(申込み締め切り日は12/19)

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

庭の四季Instagram

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  2. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  3. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  4. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  5. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  6. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?
  7. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  8. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  9. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  10. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…

アーカイブ

PAGE TOP