シンガポールで12時間のストップバイ

時系列的には前後してしまったのですが、パース入りする前にシンガポールをまる一日散策してきました。

たまたま、シンガポールエアラインで渡豪したのですが乗り換え地のシンガポールで、なんと12時間も待ち時間があったからなのです。

空港から地下鉄に乗って、20分くらいで市街にいくことができます。

とても整合性のとれた、分かりやすい地下鉄でした。(日本の地下鉄って難しいですよね!?)

シンガポールを訪れたのは20年ぶりくらいです。

今書こうとして計算してみたのですが、そんなに時がたったなんて嘘みたいです!?

あの頃は、確か地下鉄を建設中でまだ少ししか駅数がなかったなー。

このモクモク雲みたいな絵に描いたような形の大木は、私の中ではあいかわらずシンガポールのイメージです。(^^)

すごく明るいエネルギーを持ったアップリフティングな雰囲気を持つ街ですね。

ベジタブルのココナッツ煮をランチに食べました。焼き卵付きです。

これだけで180円くらいですよ。上にのってる鱗状の白いものはテンペです。日本のは発酵臭さが少し気になりますが、本場こちらのテンペは日本のスーパーで売っているものとは味が違い、淡白なお味でGoodでした。飲み物は麦ジュース。

白くて甘酒を薄めた様な味がしました。

ランチ時でお店は混み合い、相席だったのですが現地の人とも色々お話しできて楽しい昼食でした。夕方のフライト時間までの間、私と時間つぶしに付き合ってくれると言ってくれた方もいましたが(ナンパ?)とりあえず、いくら人懐っこいワタシでも、ここは外国。なのでお断りして、一人でトコトコ散策を続けたのでした。

大好きなマンゴスチンがたくさん!買いたかったけど、夕方までに全部平らげることは無理そうだし、オーストラリアには持って行けないので断念!

シンガポールには、まだ原子力発電所はありません。この数値は高いけれどバックグラウンド値ですね。自然な放射線量でしょう。

現在、原子力発電所導入に向けた調査計画とのことですが、実現化されないことを祈ります。(タイやベトナムは導入されるそうですね)

地下鉄の中はこんな感じ。この機種はβ波を計測しないので電磁波はひろっていないはずなので、電磁波のせいで高いわけではないとは思うのですが、調べてみます。

さてさて、ランチの後、私はシンガポールでぜひ訪れようと思っていた文化的な地域「カトン地区」へ向かいました!パステル調のカワイイ家が並んでいました。写真アップしますね。(続く)
 
 

関連記事

  1. ヒマラヤの蒼いケシ③(ブルーポピー)の蕾がいっぱい増えました…

  2. アイフォノグラファーとか、ググってみるとか、新しい造語もやが…

  3. ただいま玄関先の雰囲気はブルー系

  4. グリーン・スクール in バリ島、未来の地球環境を考えられる…

  5. お片づけ中に発掘したモノ『ベスト3』、ワクワクしないモノは処…

  6. 食のクオリティーを高く、自分を大切に

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP