かわいい、シンガポールのカトン地区

(画像クリックで拡大します!)

シンガポールで文化的な住居を見に行ってきました。
パヤ・レバ駅(Paya Lebar)で下車し、歩くこと約20分。
ここは昔ながらの街並「カトン(Katong)」地区です。
プラナカン文化(Peranakan)が色濃く残されています。

プラナカンとは、中国系の男性とマレー系の女性が結婚した家庭の
ことだそうです。男性をパパ、女性をニョニャと呼び、中国文化を
ベースに独特な文化を育んできたときいています。

この文化における家庭料理は「ニョニャ料理」と呼ばれて、
現代でも受け継がれているそうで、このあたりにレストランも
ありました。

パステルカラーの家が並んでいる様子は、まるでおとぎの国みたい。

プラナカン文化の伝統工芸や小物も、カラフルでキレイなのです。

この周辺に、プラナカン博物館もあります。
そこでも、沢山きれいな工芸品を見たり買ったりできるみたいです。
私は飛行機トランジット待ち中の身なので、荷物は増やせず
お買い物は断念…

街全体が、カラフルな建物でかわいらしく色づけされた窓がついて
います。周辺のお店もやはりプラナカンなカラーです。

駅からとっても遠かった!と、感じたのは暑かったからか。。。。
汗かいたけど、明るい上向きな氣の街にいると元気いっぱい
でいられます。

時間があまったら、スパにでも行って一休みしようかと思ったけど、
そんな必要もなく、時間ギリギリまで歩き回って、おもいっきり
楽しんでしまった。
乗り継ぎ便の出発まで「12時間もいったい何して待ってれば
いいのよぉ」なんて思ってたけど、なかなか有意義な乗り換え
時間を過ごしたのでしたっ♬

(画像クリックで拡大します!)

プラナカン文化について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 車窓にて(プラハ to ウィーン)

  2. 不動産屋さんから教わった遊び@カンボジア

  3. タ・プローム遺跡@カンボジア

  4. 梅のお花の季節にアンカートリガーでsetting

  5. バンテアイ・サムレ遺跡@カンボジア

  6. 風水的に最良の地区@プチョン

  7. 世界遺産『チェスキー・クルムロフ』

  8. 12年ぶりのメキシコへ ※カボ・サン・ルーカス※

  9. 快適な空の旅@真っ赤&グリーン

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  2. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  3. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  4. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  5. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  6. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  7. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  8. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  9. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  10. 自己紹介に自分の「夢」を語る

カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP