彩の鮮やかな住居が並ぶシンガポールのカトン地区

シンガポールで文化的な住居を見に行ってきました。

パヤ・レバ駅(Paya Lebar)で下車し、歩くこと約20分。ここは昔ながらの街並「カトン(Katong)」地区です。プラナカン文化(Peranakan)が色濃く残されています。

プラナカンとは、中国系の男性とマレー系の女性が結婚した家庭のことだそうです。男性をパパ、女性をニョニャと呼び、中国文化をベースに独特な文化を育んできたときいています。

この文化における家庭料理は「ニョニャ料理」と呼ばれて、現代でも受け継がれているそうで、このあたりにレストランもありました。

パステルカラーの家が並んでいる様子は、まるでおとぎの国みたい。

プラナカン文化の伝統工芸や小物も、カラフルでキレイなのです。

この周辺に、プラナカン博物館もあります。

そこでも、沢山きれいな工芸品を見たり買ったりできるみたいです。

私は飛行機トランジット待ち中の身なので、荷物は増やせずお買い物は断念…

街全体が、カラフルな建物でかわいらしく色づけされた窓がついています。周辺のお店もやはりプラナカンなカラーです。

駅からとっても遠かった!と、感じたのは暑かったからか。汗かいたけど、明るい上向きな氣の街にいると元気いっぱいでいられます。

時間があまったら、スパにでも行って一休みしようかと思ったけど、そんな必要もなく、時間ギリギリまで歩き回って、おもいっきり楽しんでしまった。

乗り継ぎ便の出発まで「12時間もいったい何して待ってればいいのよぉ」なんて思ってたけど、なかなか有意義な乗り換え時間を過ごしたのでしたっ♬
 
 

関連記事

  1. ヒマラヤの蒼いケシ②(ブルーポピー)の蕾が1つあらわれました…

  2. 優しいサンディーさんと、コアラ舎の前で一日おつきあい

  3. 習慣のパワーを使って、コンフォートゾーンを打ち破る

  4. グリーン・スクールの構内には、竹が材料としてたくさん使われて…

  5. 老猫の慢性腎不全による排尿問題とご飯ちょうだい攻撃を緩和させ…

  6. ハリントン vs. バビントン

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP