他人の感情を決め付けてはいけない!微細表情筋の動きで感情をみわける方法はルールを守りながら使う

大学教授について、微細表情筋(マイクロ・フェーシャル・エクスプレッション)の勉強をしています。とても興味深い学問です。

「観察」と「診断」をする方法なので、すぐに知識を日常生活に活かせるからよけいにおもしろいのです。

微細表情とは、0.2秒未満というほんの「一瞬」だけ顔にあらわれる表情のこと。

0.2秒未満しか現れないので、訓練をしていない一般の人にはなかなか見分けられない表情です。(0.2秒以上あらわれている表情は、微細表情とは呼びません)

微細表情についてのセオリーは、『人間の感情を表す基本的な表現には、共通した特徴がある』という、カリフォルニア州立大学の心理学科教授であり、表情研究の第一人者であるポールエクマン博士による研究成果。

人間の基本的な感情が、微細表情としてあらわれる事を、博士は発見されたのです。(怒り、軽蔑、嫌悪、喜び、悲しみ、驚き、恐怖、罪悪感)

これは、使っている言語にかかわらず万国共通であり、しかも言語を持たない未開人においても、言語をもった人間とまったく同じ微細表情筋の動きがみられるのだそうです。

たとえ言葉を持っていなくても感情はあるのですから納得です。
 

学問を実生活に落とし込んでみたら

 
人間の基本的な感情というのは「怒り」「軽蔑」「嫌悪」「喜び」「悲しみ」「驚き」「恐怖」「罪悪感」などです。

先日、あるグループを統括しているリーダーの方が、一瞬「嫌悪」の微細表情を見せたことに気づきました。

私が何か気に障ることをしでかしたかしら!?と心配になりましたが、実はそうではなかったことが後からわかりました。

そのリーダーは、上層部から”みんなの遅刻をなくす”ように指示されていたために、遅刻して部屋に入ってきた人を見て、嫌悪の微細表情筋が動いてしまったみたいでした。

もちろん、一般の人が見たらその方のにこやかな微笑んだ表情にしか気づかないはずです。
 

守らなくてはならないルール

 
ただ、微細表情を見るにあたって、注意しなくてはならないことが一つあります。それは、

微細表情でみせた『感情』は、その時の感情とはまったく関係がないことが多々ある。

という点です。ここに留意しなくてはなりません。

『相手の感情を決めつけるな』という法則は、ここでも当てはまります。

『読心術』といって、精神の不安定の元となる諸悪の根源となる行為です。

例えば….
「ワタシ、赤いスカート買おうかと思ってるの」と言った時に、相手が「嫌悪」の微細表情を見せたとしても、「ワタシが赤いスカートを買うことに対して、このヒト嫌悪感を抱いてるんだわ」と、安直に思わないこと。

もしかしたら、その人は小学生の時に赤いスカートを着たクラスメートにいじめを受けた経験があって、そのことを一瞬思い出して嫌悪の感情が思い起こされていた可能性だってあります。たとえば、の話しです。

相手の感情を勝手に決めつけてはいけませんので、たとえ微細表情が読めたとしても、本来はなにも判断せず見逃す(流す)べきなのです。

では、どんな時に使うのか!?というと、犯罪調査とか嘘を見分ける時プロが使います。

一般人が使うとしたら、騙されないように犯罪防止目的で使ったり判断材料にしたりなどに限られます。

先日、ちいさなビルを一棟買うという友人に付き合い不動産屋の方と連れ立って、物件を見にいきました。

私にとっては、まったく畑違いのことですから、話しの内容とか詳しいことはわかりません。

ただ、その友人が不動産屋さんに聞きたかった質問を私がかわりにした時、面白いことがわかりました。

駐車場の台数についての質問をした時には、フツウの表情で答えていました。どういう入居者が入っているのか?という質問にも、フツウの表情で答えていました。

でも、「いつまでに購入のお返事をしなくてはいけないのですか?」という質問に対して「そりゃ、後ろから買いたい人が目白押しの優良物件ですからねぇ」と答えていました。

早く購入を決める事を、促すためにそう答えたのでしょうが、そう言いながら「罪悪感」の微細表情が浮かんだこと、私は見逃しませんでした。

不動産屋さんの微細表情によって、その物件の資産価値があまり高くないことがわかりました。お友達に「判断材料が一つ増えてよかった」と喜んでもらえたし、こんなところで微細表情筋の学びが役立つなんて、ポールエグマンになった気分(!?)でちょっと嬉しかったです。

微細表情で感情をみわける方法を学び訓練を続ければ、誰でも微細表情筋の動きは読める様になるはずです。

ですが、この技術を使う者は「他人の感情を決め付けてはいけない」というルールを守った上で使うこと。

勝手な感情の決め付けは、相手にも失礼だし、なにより決め付けをした本人の世界観が悲観的なものになってしまいます。
 
 
エグマン博士がモデルになったドラマ
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 基本的に恐怖はすべて空想物語、オバケという名の捏造された記憶にすがる人々

  2. 女性に気をつけてほしい!暗示を入れられる被害

  3. 自分の望みや夢を明白にすれば、関係ない情報を脳が自動的にはじいてくれる

  4. ワクワク系の被害者たち(会社を辞める前に読んでみる記事)

  5. 好きなことを仕事にすると成功する、について誤解しやすい事とは!?

  6. 『罪』の感情を背負って生きていく必要はない、その理由はコレ!

  7. 暗示を入れられる被害を防ぐ方法、心を支配されないで(2)初期段階で見逃すな!

  8. 近くにいる人の影響を強く受けながら人は成長していく

  9. 相手を蹴落とす“ぶった切りメッセージ”もただ流れゆく…強いマインドで夢を叶える

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP