科学の発見に伴い、常に進化しつづける顔や身体のセルフケアー術

微細表情筋についての記事を読んだ何人かの過去のクライアント様から、「微細表情筋は、表情筋とは違うのですか?」というご質問をいただきました。

表情筋は、ある程度意識的に動かすことができます。

ですので「つくりたい表情」を意識的につくることができます。
例えば、作り笑いとか。

でも、微細表情で使われる筋肉は意識して動かしていません。

もしもある特定の感情(例えば嫌悪)をつかさどる微細表情を頻繁に動かしている人がいたら、その筋肉にくっきりシワとかヒダができているかもしれません。(その傾向はたしかに見られます)

この記事に貼り付けた写真は、数年前まで個人セッションとして提供していた「ナチュラルフェースリフティング」のモニターさんの写真です。

「ナチュラルフェースリフティング」では、頭蓋骨やその他の骨格調整、筋膜のツレ解放、リンパドレナージュやオステオパシーなど、手技療法を施すとともに、28種類のお顔の表情筋エクササイズをご指導させていただいてました。

好評をいただいていたセッションでしたが、現在では提供していません。

(過去のモニターさん写真)1回の施術の変化


 

新しい科学の発見に伴いテクニックも変化していく

 
医学の進歩も人体に関する発見も、年々進歩し、新たな事実が発見され続けています。

そして、新たに発見された研究結果や情報を元に、私たちも提供していることをアップデートさせていくことができるのです。

歳月が過ぎてゆき、さまざまな研究によってこの様な事もわかってきました。

◉顔のマッサージは弊害を招くことがある
◉表情筋エクササイズを行なうことは無意味
◉頭蓋骨だけを調整するのはよくない

頭蓋骨は全身の歪みの帳尻合わせしている場所でもあるし、お顔の歪みを解消するにあたって、考慮しなければならないその他の要因が多過ぎるのです。(噛み合わせ、視力、骨盤、etc…)

(過去のモニターさん写真)エラがなくなり細面に

アップデートを重ねてきた結果、終了した「ナチュラルフェースリフティング」に変わって、新たに「フェーシャルエコロジー」が誕生しました。

フェーシャルエコロジーは、ご自身で自宅でできるセルフケアー。ボディーエコロジーの講座の中でお伝えしています。

こちらは、過去に提供していたものと比べると、格段に進化したもので、まったく別物です。科学の発見に伴い、顔や身体のセルフケアーは常に進化しつづけるべきもの。

顔の筋肉のこわばりから、頭の骨の歪みや浮腫まで、自分でケアーすることができるようになります。

さらにポジティブな感情が浮上した時に動く微細な表情筋を活性化したり、小顔にしたり、頭の反射区に刺激を加えたり、お肌を綺麗にしたり、といったことまで自分で行なえます。

「フェーシャルエコロジー」は、単体では指導していません。ボディーエコロジーの講座の一部としてシェアーしています。それは、ただ単に「やり方」をお教えするだけではないからです。直接お渡しすることしかできない『直伝』という形をとっています。

時代の変化に沿って、最良なものを選択していくことは、何事においても重要。

そんな柔軟性も兼ね備えていれば、シワも勲章となり「イイ顔」ができあがりそうです!
 
 

関連記事

  1. キレイの選択は、生きる選択なのか…

  2. イメージを利用した記憶術を身につけると自信につながります

  3. ママが褒めてくれない?ならこうしたらいいよ!

  4. シンプルなのに難しい事のひとつ「人に食養生を勧める」

  5. 科学と実際のはざまで揺れ動く女心

  6. ステファニーの魔法にかかった自家製ハーブクリーム

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP