ボディーエコロジー実践者の女性たちが手に入れた、秋のすばらしい収穫

ハロウィンも、すっかり商業ベースにのって“秋”の風物詩というイメージが定着してきました。

今日も温かい一日でしたが、もう『秋』なんですね…

昨日は、春にスタートした『ボディーエコロジー自己ケアー篇』(56時間分のコンテンツを8ヶ月で習得する)金曜クラスが最終回を終えました。

第一回目は、震災直後の3月18日でした。

まだ余震がヒドかった頃ですし、原発の問題も、もよもやしていて情報があまりなかった時期でしたので、人々の中に心配や不安がよぎっていました。

Trick or Treat!? (クリックで拡大)

そんな中、参加者全員が会場にお集りくださったことに感謝の気持でいっぱいになった事が、まるで昨日の事のようであり、夢の中の出来事だったようにも感じます。

なぜか毎回クラス中に「地震」がありましたねぇ〜!最終日には、わりと大きな揺れを感じる地震がありました。

地震パワーも相まって、目に見えない大きな変化を成し遂げられたみなさまのご様子を目の当たりにして、大きな喜びを感じました。

本当にありがとうございました。

これからも益々パワーアップして、この輪をひろげてゆきたいと思います。
(*^-^)
 

 

関連記事

  1. オモシロイ人と出逢いたいなら、自らもオモシロイ人になること

  2. 生花にはだれも勝てない、ヒヤシンスがくれた幸せ

  3. 『枯れ美』を愛でよう

  4. 彩の鮮やかな住居が並ぶシンガポールのカトン地区

  5. シンガポールで12時間のストップバイ

  6. 毎朝の音

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP