パタゴニアの裸の種族は絶滅したけど、私達は大丈夫?善意が悪い結果を招くとき

ウィーン・スクール・オブ・オステオパシーの創始者、ラファエル先生から聞いたお話しで、心からはなれないことがあります。

それは、アルゼンチン共和国の南部、パタゴニア地方の狩猟民であるテウェルチェ族(Tehuelche Indian)にまつわるお話しです。

パタゴニアの国有保護地区にはたくさんの土着民族が存在するそうですが、その中でも常に裸で過ごす種族のお話しでした。

Tierra del Fuegoに住んでいたSelk'nam Indians (Onas)

彼らは、かなり気温が低い季節でも裸で猟をしていました。

河で魚をとったりもするそうですが、なぜ寒くないのか!?それは、全身にくまなくオイルを塗り込む習慣があるからなのだそうです。

オイルを沢山塗り込んでいるので、水をはじき体が濡れないのです。

男達は狩りをする

ところが、ヨーロッパからの現代人達が、この種族に接触しはじめてからというもの、人口が激減してしまったのです。

そしてやがて、絶滅してしまいました…

一人残らず。

それは、なぜでしょうか!?
 

善意が種族を絶滅へと追いやった

 
ある白人の宣教師がこの地域を訪れました。

宣教師はテウェルチェ族を見て、こんな寒い土地に住んでいるのに衣服を身につけていないことをとても気の毒に思いました。

これが、ことの発端です。

裸族を哀れに思った宣教師は、この種族に、都会から衣類を送ってやることに決めたのです。

洋服を手に入れた彼らは、川に魚をとりに行く時にも服を着用しはじめました。

そして…..

どんどん疫病にかかり死んでゆきました

子供達も裸で生活していた

洋服を着だしてからというもの、彼らは体にオイルを塗らなくなってしまったのです。

何万年もの間、この種族に引き継がれてきた風習をやめてしまった結果、病気になって全員種族が死滅してしまいました。

洋服を着るようになって....

この地方のこの気候で生活するには、オイルをたくさん塗ることが健康に過ごすためには必須の知恵だった。

でも突然、見知らぬ誰かがやってきて、それをやめさせるようなことをしてしまった。

とても悲しいことです。

宣教師は優しさで行なったことなのに、このような結果を望んでやったのではないはずなのに。
 

私たちも皆この宣教師になりえる

 
同じ様なことは、時代を超えて続いています。私達の身の回りにも起こっています。

このパタゴニアの種族のように、善意から不幸な結果になってしまったのならまだしも、現代ではとかく自分の考えが一番正しいという思い込みから、負の方向へ進んでしまうことの方が多いのではないでしょうか。

「自分がいいと思ってることは他の人にとってもいいに決まってる」というエゴイストな思考から生まれた行動のせいで、同じ様に悪い結果を招いてしまう事も多々あります。

そんなことを考えていたら、15年以上前のある出来事を思い出しました。

ハワイのプールサイドで、隣に寝そべっていたアメリカ人の中年男性は、聞いてもいないのに自分の自慢話を鼻高々にしはじめました。アフリカで農薬を広める活動をしているとか。

「俺はアフリカの未開人達に農薬を教えてやったんだ」
「あいつら、ありがたがっているに違いない」
「これからアフリカ全土に広めてやろうと思ってる」
と。

私はその話しを聞きながら、ワナワナ震えるほど怒りと悲しみの気持に苛まれました。ただ単に農薬を大量に売りたいだけじゃない。

一緒にいた友人が元スッチーで接客癖が出てしまい、ずーっと話しを笑顔で聞いてあげていたから、ずーっと自慢話が続いてしまって、私はそれこそオエッとなりそうでした。

とはいえ、自分自身でも気をつけなければならないと思っています。人のことを批判できる立場ではありません。知らないうちに善意でやったことが負の結果を招いてしまった、ということが小さくてもあるかもしれません。

誰もが小さな勘違いを起こした経験があるとおもいます。

特に、大切な人に対しては、そういったことを “してあげて”しまうことって、あると思います。

間違ったことをしてしまったと気づいた時点で、修正をしてゆくことが大切です。

キューリー夫人がラジウムを発見し放射能を発案してくれたのも、未来のためだったと思います。

そのよき想いを継承していけるように、修正してゆくこと。それが今生きている私達ができること、ですよね。

自然を破壊し、いろんな生物に迷惑をかけ、人間の健康を害するものとして商品化されてしまったキューリー夫人の発見。

「もう使うのやめたい」と多くの人が思ってるのに、いろんなしがらみでやめられなくなっている。だけど、きっと修正していけるはず。

パタゴニアの裸の種族は絶滅してしまったけれど、私達はきっと大丈夫。善意が悪い結果を招くときだってあるけれど、修正していけばいい。

私たちは修正できる。そう信じていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 携帯を枕元に置くべからず。電磁波が睡眠中の脳のはたらきの邪魔をし自然治癒力を低下させる

  2. 電磁波に被曝し過ぎたら、体から放電してあげよう

  3. 簡単にできる職場や学校での電磁波(電場)の解決法

  4. 人の自然な周波数を阻害するものは、侍のオバケ?ジオパシックストレス?電磁場?

  5. 避難しないと決めたなら、体を応援してあげよう!

  6. 野生のホタルがくれたもの、人間が奪うもの、

  7. 住まいの氣の循環をよくするために、部屋に差し込む光のカラーを見ていく

  8. なぜ電磁波をあび続けると具合が悪くなるのか?その対処法はコレ!

  9. むかし電磁波が問題だったIHクッキングヒーター、今のIHは安全な数値になったのか?

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

ピックアップ記事

過去記事はこちらから

「いいね」クリックで購読♪

庭の四季Instagram

アンケートにお答えください

アーカイブ

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP