アイフォノグラファーとか、ググってみるとか、新しい造語もやがて普通の言葉になる

『アイフォノグラファー(iPhonographer)』って言葉(造語)、はじめて聞きました!

これは何かというと、iPhoneで写真をたくさん撮ったり、動画をとってYouTubeにアップしたり、両者をあわせ加工編集して短編ムービーなどを作ったりして楽しむ人達のこと。

そういう人たちを総称して、フォトグラファー(Photographer)じゃなくって、『アイフォノグラファー』って呼ぶんですって!

先日、銀座にあるAppleストアで12歳の甥っ子がはじめてのMacノートパソコンを購入した際の担当者がアメリカ人だったのですが、その方がこの言葉を教えてくれたのでした。

そういえば、2003~4年頃にアメリカ人が会話の中でGoogleという固有名詞を『動詞』にして使っていた時もビックリ&面白いなーって思いました。

何かわからない事について話していたのですが「知らないなら、それグーグルったら?」みたいな感じで使ってました。

ちなみにこう言ったのは、キッズでなく50代の大学教授の女性です。

つぎつぎに新しい言葉が生まれてくるんですね。

最初は造語と言われるけどすぐにそれがフツーの言葉として市民権を得るのです。

現在はめまぐるしく社会や環境が変化している時代ですから、なおさら新しい言葉を耳にすることが多い時代かもしれないですね。

新しい言葉もそうだけど、新しい科学や医学の発見について知ることも、とってもワクワクします。

そして、新しい人との出逢いも然りですね♬

 

関連記事

  1. 放射性物質の無毒化が実現の可能性!ガンバレ日本!

  2. ワカメ日和、すごく綺麗な風景だったので

  3. 氣とかヒーリングとか今昔、目に見えないものへの人々の意識

  4. 雨の日は最高の「なんにもしない」タイムにできるね

  5. 彩の鮮やかな住居が並ぶシンガポールのカトン地区

  6. グリーン・スクール in バリ島、未来の地球環境を考えられる…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP