自己イメージを高める、自分の「呼び名」「タイトル」を決めてみよう

素敵なお香のお店を発見したので、今年の母の日のプレゼントに春の花の香りのお香と、ウサギの陶器でできたお香立てをGetしました。

素敵なお店でしょう!?鎌倉の小町通りの奥の方にあります。お香の香りがただよってくるのですぐにわかると思います。

ここのお香は日本で手作りされたものなのですが、儚い香りで家の中で使うのに煙た過ぎず濃過ぎず、ちょうど良い感じです!

プレゼント、喜んでくれるといいな〜

いつもいつも美味しい手料理を食べさせてくれたお母さん。そうやって育ててくれたおかげで、ワタシは疲れしらずの超健康エネルギッシュウーマンに成長しました。

(*゚v゚*) お母さんありがとう (*´∇`*)

ところで、母(おーちゃん)は、ここ数ヶ月ホリスティック歯科医院に通って、お口の中の詰め物やかぶせものを、体に合う歯科材料のものに変えたり、歯茎のケアーをしてもらったりしています。

つい先日会った時にも、その話しになりました。

おーちゃん「昨日ね、ここに金歯詰めてもらったのよ」
わたし「白金加金は咬むとエッジや高さが天然歯になじむしよかったね」
おーちゃん「でもね、オバさんみたいになっちゃったのぉ」
わたし「へ??」
おーちゃん「にっこり笑うと、口角のところから金が見えちゃうの!」
わたし「そんなのじっくり見ないとわからないよ」
おーちゃん「え〜、やだぁ〜、ハズカシいから笑う時に注意しないと」
わたし「……」
おーちゃん「離れたとこから鏡で見たけど、ちょっとだけ光るんだもん」
おーちゃん「キラッと光って、なんかオバさんみたいでやだわぁ」
おーちゃん「このくらいの口の開きかただったら、見えないかしら?」
わたし「……」(ノ゚ο゚)ノ

金色のクラウンを歯全体にかぶせたわけではなく、一部分だけのインレーだからさほど金が見えてるわけではないし、ほんのちょっと。

じーっと観察すれば見えるけれど、気にするほどの量ではないし…でも、おーちゃん的にはすんごく気になるみたいなんです。

っていうか…..
あなたの実年齢はオネェさんでもオバさんでもなくて、オバアさんなんですけどぉぉ。
w( ̄△ ̄;)w

私の脳科学の師匠はいつも言います。「自分の世界を作っているのは、すべて脳の認識だ」と。

おーちゃんの世界では、自分はオバアさんでもなければ、オバさんでもないわけですね。

これはもしかしたら、とんでもないエフィカシーの高さなのかもしれません。

そして、これがおーちゃんが男子にモテる要因の1つなのかも!

そういえば『おーちゃん』という呼び名は、初孫ができたときに、自分で自分に命名した呼び名です。

オバァちゃんの『お』と、名字の『お』からとって、おーちゃんだって。孫も今では5人いるけれど、彼女を「お婆ちゃん」と呼ぶ人は、この世に存在しないです。

こ、これは、(゚□゚*)
もしかしたら真似したい事かもしれません!

自分は何て呼ばれたいか!?
華麗な呼び名でもいいでしょうし、思いっきりゴージャスな自分のタイトルとかでもいいですね!

自己イメージを高める自分の「呼び名」「タイトル」、はずかしくて周囲に言えないような究極のネーミング、みなさんもご一緒に考えませんか!?

エフィカシーが高くなると、免疫力も上がるし、視野も広がるし、いいこと尽くめですものね!

私と(-◎_◎-) は、豊かさを飛躍的に伸ばす称号を考えつきました。ネーミング後、すぐに現実的に結果が現れましたよ。
これホント!

 

関連記事

  1. 今年も豊かな1年を

  2. あっという間にもう師走

  3. 香港の喧騒から逃れる癒しのパワースポット

  4. グリーン・スクールの構内には、竹が材料としてたくさん使われて…

  5. 新しいサロンで使う木のテーブルは、樹齢200年の一枚板から

  6. 涙のゆで卵、21歳の猫が旅立ちました

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP