ママが褒めてくれない?ならこうしたらいいよ!

旧正月のお休みで、海外在住の甥っ子2号と4号が我が家に遊びにきています。

日本でいう中学2年生の年齢である甥っ子2号は、お休みに入る前に数学の試験があったのだそうです。

今は、昔と違って成績はオンラインですぐに見ることができるんですね。もちろんパスワード付きの個人アカウント。親も子供も見ることができるので、隠すことができません。

昨日、なんと!甥っ子が休み前に受けた数学の試験で100点をとって
いたことが、お友達からのメールで発覚しました。

個人アカウントへのお知らせの他に、順位がネット上にあげられていて、それを見てお友達が連絡してきたのです。

日本に帰るとき富士山が「おかえり」してくれる

早速、オンラインで自分の成績表を確認してみたら、やはり100点。

中学になると、生徒の希望によって算数のクラスと数学のクラスに分かれるのだそうですが、甥っ子2号はより難しい方の数学クラスです。

それで100点ですから、私もめちゃくちゃ嬉しくて、「スゴい!スゴい!」と小躍りしながら2人で喜んでいました。

で、「ママにも教えてあげたら?」と言って、留守番中
のママに電話させました。

5分ほどしゃべって電話を切った甥に「ママ何ていってた!?」と聞いてみたところ、衝撃の答えが!

「別にフツーじゃん」とママに言われたんだそうです。

どこから眺めても優美な富士山、わたしたちの自慢ですっ♬

え?フツーってどういうこと!?100点がフツー!?と、私が驚いて目を丸くしていたら、すかさず甥っ子2号はこう言いました。

「Asian Mother(アジア人の母親)だからね〜」と。笑いながら。

彼はインターナショナルスクールに通っていますので、アジアの国々だけでなく、ヨーロッパやオセアニアそしてアメリカなどから集まった、さまざまな国のクラスメートがいます。

そんな中で、アジア人の親達というのは、往々にしてこういうリアクションをするのだと教えてもらいました。

韓国人のB君も、ベトナム人のC君も、中国人のG君も、アジア系
の親御さん達は、100点とって当たり前という考えで、子供達は一度も褒められたことがないそうです。

B君はついこの間も98点で怒られてた。

アジア以外の大陸、例えばチリのY君とか、スエーデンのT君、アメリカのG君は、まぁ80点とっても褒めてもらうことができるそうですし、少なくとも怒られたりはしません。

学校では、90点や100点をとっても褒めてもらえず、逆に怒られてしまうアジアの子供達で集まり、いつもジョークで
怒られた時の事をカフェテリアでお話ししながら、盛り上がってる
様です。

「アジア人の親だから……しゃーないね」って。

雲海の富士山、素敵でしょう!?

雲海にひょっこり頭を出してる富士山をiPhone4Sで

まぁ、そんなふうにポジティブに笑い飛ばしているんならいいけれど、私としては、なんだかちょっと残念です。

もうちょっと工夫すれば、もっと楽しみながらもっと自由な気持ちで、さらに子供達のパフォーマンスを上げてあげることができるんじゃないかな〜。もったいないです。

私たちはいろんなお話をしたあと、「親が褒めないならさぁ、自分で自分を褒めるっきゃないよね~!」っていう結論に達しました。

そして甥っ子2号と私とで褒め合戦をしました。

「オレ天才だからぁ~」とか
「頭いいのはお互い似たんだよね~」とか
「私も今月誕生日がきたらまた21歳になるわぁ~」とか

自分褒めは楽しいですね。

甥もこれから、『自分褒め』『一人自慢』
を実行してくれるそうです♬

そして、
「でもね~、友達同士でもやってるんだよ」と教えてくれました。

カフェテリアで親の話しで盛り上がるだけでなく、テストの結果が良かったり、何か良いことがあったりした時には、友達同士で
お互いによく褒め合っているのですって。

お互いを励まし合い、お互いに褒めながら成長しあえる環境があるって、最高です!
ちなみに、その学校ではイジメは全くないそうです。

「人をいじめる子は一人もいない」って言ってました。

多様性を認めつつ、お互いに成長を促し合う。日本の学校でもこんな風潮が一般的になってくれたらいいですね。

それにはまず、大人から『褒める』をはじめなきゃですね!

私は最後に甥っ子2号にこう言いました。

『ママのこと、いっぱい褒めてあげてごらん』って。

『人を褒めているとね、すんごいことが起こるよ』

だよね!~(^◇^)/
 
 
 

(ママが褒めてくれない?だったらママを褒めてあげてみて!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 科学の発見に伴い、常に進化しつづける顔や身体のセルフケアー術

  2. 野心家の邪気は、風味豊かな高級茶葉の品質を低下させる力があるか?検証してみた

  3. シンプルなのに難しい事のひとつ「人に食養生を勧める」

  4. ステファニーの魔法にかかった自家製ハーブクリーム

  5. キレイの選択は、生きる選択なのか…

  6. 科学と実際のはざまで揺れ動く女心

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP