代替医療は未病のときにこそ利用したい

とっても美しいお料理を写真に撮りました〜
そういう趣旨の集まりだったので、お店の方も承知です。
普通なら、レストランでここまで大胆に撮影できないですよね。

お野菜の色彩が美しく、女性が好むすっきりしたお味でした。
綺麗なディスプレーは、まるで幾何学模様の様です。

palul.bocuse_main_black_tate.jpg

ハーブがきいていました!さっぱりすっきりな鳥の胸肉。

初めてお会いした方とも繋がり、楽しい時間を過ごしました。

お仕事のことを聞かれたので、代替医療や自然療法の国際セミナー
を主催したりしてると言ったら、面白い反応が帰ってきました。

「それじゃぁ、よほど大変な人(ヒドい病気の人)がいらっしゃる
んでしょうね」とおっしゃられていました。

palul.bocuse_shigemi.hands.jpg

サーモンのムースほうれん草カプチーノがけ

実はこれ、よく言われるんです。
日本で、です。。。

日本では、ちょっと調子を崩したらお医者様に相談します。
癌や慢性病で医者に見放されたような重い病気の人が
最後にトライしてみるのが代替医療や自然療法、という認識なのです。

このブログを購読してくださっている皆様なら、おそらく
「えぇ〜(@@)そんな風に思ってる人いるんだ!?」と、
びっくりされていらっしゃるかもしれませんね。

普段接点がないような方々とお話しする機会があると、
「代替医療は医者に見放された重病人の最後の砦」と思っている方の
多いことに驚かされます。

palul.bocuse_cielinglight4_tate.jpg

ティファニー製のステンドグラス。ゴージャスです!

健康保険が無いに等しいアメリカの主要都市では、軽い症状や風邪や
発熱くらいならば、まずは自然療法や代替医療で治そうとします。
スーパーにはホメオパシー製剤やハーブの錠剤が並んでいて
すぐに購入することもできますので、生活の身近に自然療法
があるのですよね。(田舎はまた別ですが)

それでも、どうがんばってもダメな時には西洋医学の先生に
相談して手術なりを検討する、という考えに変わってきています。
なにせ、医療費がめちゃくちゃ高額なので大変なのです。

palul.bocuse_wine.grass.jpg

この背景もティファニーのステンドグラス。バブル期に創られたもの。

日本も、これからどうなるか先が見えませんし、それぞれの人が
自分の健康に責任を持つことができるような、考え方が広まれば
いいですね。

『病気』になるのは、異常なこと。カラダからの信号です。
そして症状はカラダを治している行為。

病気になるのはあたりまえと考えるのではなく、
フツーじゃないと認識して適切な行動をとったり、もしくは
病気になった原因となるものを中止するなどして
『病気をやめる術』を知る。

そんな習慣をみんなが持てるようになれば、いいですね!
そして代替医療や自然療法は、重い病気になる前から利用する。
まだまだこれから。がんばりませう。じゃぱん。
palul.bocuse_kaori.jpg
初対面の人に自己紹介をするのは、なかなか大変ですね。
めんどくさい時とか時間があまり無い場合は、
「代替医療や自然療法の国際セミナーを主催したりしてる会社です」
という説明に留めています。

私が全身全霊でお伝えしている『女性のための自己ケアー
などは、それこそまだまだ人々の認識にあがっていない様な
レアな内容がほとんどですから、誤解されることなく初めて
聞く人も理解できるように説明するのはたいへんです。

5秒で説明できるようなキャッチフレーズ、考えなくちゃ!
ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

リリアナPHOTOs(Facebookページ)の方にも
横型の写真を掲載しましたので、
よかったら見てくださいね♪♪

 

 

ポールボキューズ

 

関連記事

  1. ムチョ・アミーゴ♪

  2. 道ばたのメッセージ

  3. プリア・カン遺跡@カンボジア

  4. プロジェクタプロジェクト完結

  5. ラファエル先生の講義

  6. ご縁ある人たちとたくさん話しができる1年にしたい

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP