中毒という意味では、やめられない煙草も砂糖(甘いもの)も同じ

春頃に、250名ほどの規模のパーティーに参加しました。その時に驚いたのが、殆どの参加者が男性だったにも関わらず、喫煙している人がゼロだったことです!

様々な年齢層の方がいらっしゃいましたが、比較的20代後半〜30代後半くらいの層が多かったように思います。もちろん灰皿はテーブルの上に用意されていました。昔と違って喫煙者がぐんと減っているのでしょうか。

つい先日はじめてお会いした、昭和の時代バリバリに働いていたという70代の男性とお話ししていた時に、JR車内でタバコを吸いながら出勤していたという、今では信じられない昭和の実態の話しを聞きました。

湘南から東京までの約1時間、電車の中で大勢の方が喫煙している姿を思い浮かべただけで、具合が悪くなりそうです。そんな彼も、今では禁煙に成功してヘルシーに過ごしていらっしゃるとのことでした。

ところで、喫煙者を異常なほどに嫌っている方がおられます。アメリカ人に多いですが、日本でもいらっしゃいますね。

「自分が中毒になっている有害物質を、勝手にまき散らして他者にも負担をおわせるとはナニゴトだ!!」と、お怒りなのです。

そんなお怒り樣の一人である、ある方とお話ししていたら、たまたま食養生の話しになり、ふとこんなことをおっしゃっておられました。

「甘いものだけはやめられないんですよね〜」と。

その方は、日頃から自分がカラダに良いと信じているもののみを厳選して食事をつくり食べていらっしゃるとのことでした。玄米食や野菜中心のお食事だったり、無農薬の食品だったり。

そこまで慎重に口に入れるものを限定しておられるにも関わらず、「甘いものだけはやめられない」とおっしゃるのです。

これは、ご自身の考え方を真っ向から覆してしまうほどの『反比例の行動』です。

糖質の塊である『甘いもの』を日常的に食していらっしゃるのなら、カラダが糖化しているかもしれません。

幼少の頃から砂糖を食べさせられていると砂糖中毒になりますが、今の日本には砂糖中毒になって病気を発症している方が非常に多いです。砂糖は体と心と脳に数えきれないほどの、ダメージを与えます。

現代では「どの食養生が一番良いか」の議論への答えは出ていません。けれども、少なくとも『砂糖』さえ取らなければ、どんなお食事をしていても健康でいられる、とも言えるくらいお砂糖は私達の身体を蝕むものです。

『砂糖中毒』の方が、激しく『煙草中毒』の方を批判して、極度に嫌っておられたのを目の当たりにし、考えさせられました。

中毒という意味では、やめられない煙草も砂糖(甘いもの)もどちらも同じ様に中毒症状であり、中毒になっているものに自分の人生を支配されているのですから。

この方の場合は、無意識では自分が砂糖中毒であることを知っているだろうし、それをやめたいのにやめられないというジレンマがあったかと思います。

だから、自分と同じように中毒してる人、自ら健康を壊している人を見ると、異様に腹がたってしかたがなかったのかもしれません。

他人の事がとにかく気になってしまい、それを激しく批判したくなる時、自分自身を振り返ってみるととても勉強になります。
 


 

 

関連記事

  1. 情報社会が生みだした発想豊かなティーンエイジャー

  2. いつまでも想っているよ。飼い主の気持ち。

  3. 情報が氾濫しているからこそ気をつけたい、真実を知る事とコワイ…

  4. 生きることに慣れてはいけない、驚きや喜びをもっと受け取るため…

  5. 「好き」なことをやるだけで、表現、直感、活力が手に入る!

  6. 運をよくするには!?運がいい人と付き合いたいなら

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP