怪奇現象!?ではなく、大自然がもたらしてくれた芸術

自然はほんの少しの間に、感動的なドラマを見せてくれます。たった10分とか15分の間に、刻々とドラマチックな変化が出現します。

8/16(金)の夕刻、その様子を海岸から撮影していたのですが、とても不思議な現象に遭遇しました!!(3枚目と4枚目です)

まずこちら↓の写真は、まだ陽が落ちる前です。波打ち際をよせてはかえす水に反射した夕日が、豪華なオレンジ色にキラキラ輝いていました。

morito800_kirakira.jpg

(クリックで拡大)

そして2枚目のこちら↓は、陽が落ちてゆく様子です。真夏の日暮れ時は、一瞬あたりがピンク色に染まります。とってもロマンチックな一瞬です。

このピンク色の世界は、ほんとにすぐ終わっちゃいます。

morito800_aka.jpg

(クリックで拡大)

で、ここまではごく普通の美しい夏の夕暮れでした。上の写真↑の太陽の左下あたりに、突起物のようなものが写っています。

わかりますか?

これ、実際に肉眼で見ると雲よりもっと濃い色で、まるで“物体”みたいに見えていました。

「ピンクきれいだな〜」なんて眺めていたら、突然、この黒い突起のあたりから、何かが放射される形で空にへんなものが現れました!!それがこの↓写真です!!

morito800_ufo2.jpg

(クリックで拡大)

それは、ほんとに一瞬の出来事でした。

陽が落ちて、一瞬にして、これが空に出現してきたのです。びっくりしました。

気象協会にでも問い合わせてみようかしら?と思ったけど、とりあえずはいったい何の現象なのか、物知りな私の先生、プロの写真家である師匠に聞いてみることにしました。

いつも多忙な師匠は、昨日は富士河口へ「湖灯篭流し」の様子を撮影しに行っていたそうです。

美しい灯籠が流れてゆく様子を話してくれました。そして、「そうそう、その時すごい不思議なことがあってさ〜!」と、話しはじめました。

山梨観光協会のイベントである灯籠流しですが、主催企業の1つが、ある宗教団体だったそうです。

日も落ちてきたところで、本格的に灯籠流しを撮っていたら、その宗教団体の人が懸命に撮影する師匠に声をかけてきたそうです。

「これから、スゴいことが起りますから!待っててください!」と。

「 ”え?これからって、もう陽が落ちちゃったのに?何かな?”って思ってたら、いきなり空にビヨーンと何かが現れてさ!」と師匠が言いました。

morito800__ufo1.jpg

(クリックで拡大)

そこまで聞いて、私はすかさず「先生!私も見たと思います!コレです!」と写真を差し出しました。

それを見た師匠は「そう、そう、これ!これ!」と。。。

師匠と、同じ瞬間に同じ現象を見ていたのです。おそらく何かの自然現象だと思う、とのこと。。。

けれども不思議なのが、その宗教団体の人がこの現象が起ることを明確に予知していたこと。「これからスゴいことが起こりますよ!待っててください!」と言っていたことです。

たまにこういう現象が起きることを知っていたのかしら?それにしても、長年、いろいろなところから自然を撮影している師匠だって見たことがない現象でした。もちろん私も初めての体験でした。

機会があったら気象庁に聞いてみようと思っています。とりあえずは、皆様にその時の様子をシェアーします!!

これら写真の風景は、ほんの15分くらいの間に起ったこと。自然の見せるドラマって、ほんとにスゴくて素敵ですね♬

何かわかったら,報告しますね〜
 
 
⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩  
 
 
=========================================
 
(以下はご報告、記事の続きになります)
 
 
先月8/16、夏の夕暮れに大空に出現した珍しい光景。この現象についてわかったのでブログでご報告しようと思っていた矢先に、薄らとですが、また同じような空の現象に遭遇しました!!

カメラを持っていなかったことが悔やまれます!まるで光のパステル画のような、オーロラのような、虹色じゃない虹みたいな、本当に幻想的な一瞬でした。

光やカラーが、何層にも重なって織りなす様子を目の前にして、生きてることの素晴らしさを実感しました!

2013sep23_2_720.jpg

2013/9/23(月) (iPhone4S)

中央から左上に向かって、放射状に光が広がる様子がうっすら見えます。iPhone画像ですがわかりますか!?
(こちら2013/8/16の画像ではクッキリ見えています)

これは、薄明光線(はくめいこうせん)または光芒と呼ばれる現象なのだそうです。crepuscular rays

太陽が雲に隠れている時、雲の切れ間から光が漏れて、放射状に延びた現象です。

私が見たのは、太陽が水平線の近くにあったので、雲の頭頂から太陽の光が漏れて筋を作り『』に延びている状態でした。

もし太陽の位置がもっと上にあった時にこの現象が起れば、空から光の柱が『』へ向かって放射状に地上へ降り注いで見えます。(レンブラントの絵画でよく描かれている光の様子です)

この『薄明光線』が出るときの条件は限られています。

その条件とは。。。

そのとき出ている雲に太陽光線をさえぎるくらいの “厚み” がある時。
厚みがある上にさらに “切れ間” のある雲が発生している時。
光が放射する経路全体にわたり目に見えない水滴が多数浮遊してる時。
地上から見た太陽の角度が低くなる早朝の日の出や夕方の日没直前。

2013sep23_1_720.jpg

2013/9/23(月) (iPhone4S)

私が目撃したのは、夕日が沈む『西』の空に現れた薄明光線です。

もしも私がそのとき後ろを振り返って、太陽と正反対の方向である『』の方角を見たとしたら、そこには『反薄明光線』という現象がみられた可能性もあるみたいなのです!!
反薄明光線の写真です。太陽と反対側にもこんな現象が!)

なんと『西』に落ちそうになってる太陽から放出した放射状の光『薄明光線』は、空をわたって太陽と正反対である『』にのびてゆき、東の空にも幻想的な空の芸術を見せてくれることもあるのだそうです!

それが反対側にできるから『反薄明光線』。

頭の上を光の帯が反対側に向かってのびてできる現象は、とても神秘的でしょうね。(下に貼付けた動画では大空を渡る光がはっきり見れます)

昔の人は、水滴によってできるこの現象を 「太陽が水を汲んでいる」と思ったそうです。それで、この現象が起って水が雨になるのだ、と信じられていたそうです。

この現象が空にあらわれる前は「すぐに雨が降りそうだな」と思うくらいに暗くなります。厚い雲が見えていて、日没後はすぐに真っ暗になっちゃいそうな、そんな雰囲気なのです。

そんな雰囲気なのに、たまたま水平線近くに雲の切れ間があったために、光が差し、こんな現象が突然あらわれるのですよね。だから不意をつかれて、余計に神秘的な感じがするのでしょう。

これを天使のはしごと呼ぶ人もいる様です。(♡u‿ u)⊹
来年の夏も、また見られるといいな!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 食のクオリティーを高く、自分を大切に

  2. 氣とかヒーリングとか今昔、目に見えないものへの人々の意識

  3. 『枯れ美』を愛でよう

  4. 若草色の香港でたらふく…

  5. 家の中の暗く滞りがちな場所にかける魔法は

  6. 雪の白を見たら触発されてホワイトガーデンを創ると決心!アファメーション

  7. ハリントン vs. バビントン

  8. 誰かから質問されたら、答えはブログに書いて拡散しています

  9. ハーブを飲みやすくするため合わせると美味しくなる紅茶はこれ!

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  2. 大道ブログの内容をのれん分けしました!新しいブログのご案内
  3. 呪いの言葉は心の壁を作り、才能を見いだす言葉は可能性を広げる
  4. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  5. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  6. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  7. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  8. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  9. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  10. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…

カレンダー

2013年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP