美しい季節、美しい2人、オーストリア自然の中のウエディングフォト

一年の中で、最も美しい季節である6月末、当社エコボディーネイチャーが長年お世話になっている、「ウィーン・スクール・オブ・オステオパシー」の創設者ラファエル・ヴァン・アッシェDO.と、マーゴット・ザイチェックMD.が、ウィーン市内の美しい自然の中で結婚式をしました。

パーティーの前に、いつも2人がランニングしている公園で、ウェディング写真の撮影。その時の美しくハッピー写真を送ってくださいました。
marriege_1.jpg
日課のランニングは1人の時もあれば、2人で一緒に走る事もある。

お天気が良くて気持イイ日もあれば、気温が下がり寒くて走りにくい日もある。

雨の日だってある。でもいつもここを走ってる。

そうやって、長い長い歳月を2人で歩んできた。
marriege_2.jpg
そんなロケーションを記念すべきウエディングの記念撮影場所に選んだ。とってもお二人らしい選択だな〜と、温かい気持ちになりました。

出張で世界を周り、様々な国を旅したり、素敵な所でバケーションを過ごしているお二人が、自分たちの原点をとても愛し、大切に想っていることが、なんだか伝わってくる様だ。
marriege_7.jpg

『全てはここから始まった』

40年ほど前のこと。スペインに在住しながらヨーロッパ各地で活動していたラファエル先生が、オーストリアに招かれ初めてフィシオエナジェティック講習会を開催。

その時に参加していたのが慢性病専門医のマーゴットさん。

いろいろあって2人は恋に落ち、ラファエル先生はスペインからオーストリアに活動の拠点を移しました。

ほどなく学校を設立し、力を合わせて数十年の歳月で基盤を築きあげ、修士課程を授与される7年制の大学院へと進化していった。

スケールが壮大なアカデミック・ラブロマンス、ですね!!

6月はウィーンが最高に輝いてる季節です。次回は、ガーデンでのウェディングパーティーの様子をご紹介します。
 
 
■続きはこちらからどうぞ!
▶︎ウィーンで素敵なガーデン挙式、代替医療グルの結婚
 
 

関連記事

  1. やっぱり水色のアジサイが好き

  2. シンガポールで12時間のストップバイ

  3. 悟りへの道「どっちだっていいじゃん」

  4. チューリップの球根は甘くて美味しい?北のガーデナー泣かせの動…

  5. 香港の花市場とか縁起いい物屋さんとか

  6. キモカワなんて嘘?美味しい紅茶を入れてくれたのは、あのヒト♡…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP