嫉妬心をかりたててくれるライバルに感謝するとご利益が!

私の知っているある男性の美容師さんは、趣味でお料理をしています。趣味だということですが、奥様の毎食のご飯とお弁当を作っているのです。

そして、手の混んだ美しいご飯をブログにアップしています。自分の美容室のブログにです!

本職のことに関するコンテンツは殆どなく、もっぱらお料理画像を紹介しているのは、お客さんが喜んでくれるから、というのも理由の1つだそうです。

でも大きな理由は、ライバル店と同じ様に「腕自慢」とか「商品の自慢」ばかり書いたって、ちっとも面白くないから。

彼は昔、ビダル◎スーンの大会で3年連続して入賞している程のセンスと腕前なのですが、そういった輝かしい受賞や講師経歴などについても「意味ないじゃん」と言って、HPやブログに載せていません。

こだわりがかなり強い、職人肌なんですよね。

そんな職人肌の彼の店がある地域の隣り駅に、昨年とってもお洒落な美容室が誕生していました。

彼のシンプルな店構えとは真逆で、その隣り駅の店は隠れ家的な佇まいの中に、アンティークと自然な雰囲気が見事にブレンドした洗練されたお店です。

「あの隣り駅の店が去年できた時、センスいい葉書が来たよね。いっぱい受賞歴とかどこそこで講師とか、書いてあったなぁ!」と、彼とは対照的なその店の話しになりました。

「あの経歴の数々は同業者への自慢で書いてるのか?お客さんには何のことかよくわからないだろうし、第一どーでもいい話しじゃん!」独特な考え方のシンプル派の彼は、ちょっと皮肉っぽく、批判的にいいました。

そこで私は口をはさみました…
「あの素敵な美容室の店長さん先月、亡くなったんですって」

実は、その隣り駅のお店でお世話になっていたうちの母親からつい先日、悲報を聞いたばかりだったのです。

「え!!」
彼は絶句しました。

そして、その後
「ホント!?」
「それは、すごくショックだなー!」
「なんで…」
「ショックだよ。すんごい。」

すごくショックを受けた表情を浮かべながら、しばらくの間、感嘆詞を連発していました。そして、こう言いました。

『だってさー、生きてなきゃ。生きててくれなきゃ、意味ないじゃん』

職人肌シンプル派の美容師のこの言葉には、いろいろな意味が込められていました。

自分とは正反対の思想を持つライバルが近くにいる。そのことで、闘志を燃やしながら頑張るようになる。すると炎の様にメラメラとエネルギーが沸き上がってくる。

自分は◎だぜ!
奴は△でくるか。
でもオレの方がかっこいいぜ!
奴の店も最近人気みたいじゃねーか。
オレはオレのやり方でやってファンも多いんだぜ!

実際には会った事もない、隣り駅のライバル。たまたま同じ地域で活動することになり、お互いに存在を意識するようになる。

そこに『縁起』が生まれる。

店主が死んでしまったら、いくら素敵なお店であろうと閉店になってしまう。縁起もフェードアウトしてしまう。

ライバルを批判したり、嫉妬したり、自分と比べてみたり、そこから沸き上がってきていた闘志も、沸き上がらなくなってしまう。

相手が死んじゃったら……

生きててなんぼ。
生きているから、ライバルとして存在してもらえる。
死んだら、ライバルがいなくなってしまう。
 

嫉妬心をかりたててくれるライバル

 
あなたにはつい『批判』したくなってしまう相手がいますか!?

大人だから、口には出していないかもしれないけど、心の中で「チっ」とか、舌打ちしてしまうような感情が湧いてくる相手って、いませんか?

「あんなやり方をして、よくハズカシくないよな!」とか、「あんな態度は信じられない!自分にはできない!」とか、『その人の批判』が頭の中に浮かんできたり、しませんか!?

その感情は「嫉妬心」!?だとしたら良きライバルなのかもしれませんね。

もしかしたら、批判的態度や嫉妬心を駆り立ててくれる相手には、感謝の気持を持つべきなのかもしれません。

職人肌の美容師さんが体験したように、相手がいなくなって、はじめて「相手が存在するからこそ、自分の独自性を発揮していけるのだろうし、なにより闘志を燃やさせてくれていたんだ」ということに気づくかもしれません。

あなたには、「チっ」と思ってしまう人いますか!?

もし、思い浮かぶ相手がいたら、ときどきはその人に「感謝」の気持を手向けてみませんか!?「わたしの前に現れてくれて、ありがとう」と。

ときどきでいいのです。得することはあっても、ぜったいに損はありません!むしろご利益があることでしょう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 女性に気をつけてほしい!暗示を入れられる被害

  2. 子供さんへの質問にすべて答えるお母さん、すべてをお母さんのせいにする子供

  3. ワクワク系の被害者たち(会社を辞める前に読んでみる記事)

  4. コーチングの父からのメッセージ「気になってる人」が「気になっていること」をすればいい

  5. 基本的に恐怖はすべて空想物語、オバケという名の捏造された記憶にすがる人々

  6. 人は脳から脳へと情報を相互に送受信し合っていると科学が証明、デジタル?それとも暗示洗脳?

  7. 憧れの人のマネをして成長したい時に注意する点は

  8. 近くにいる人の影響を強く受けながら人は成長していく

  9. 自然から学ぶと良い土地ががわかるようになる(環境風水)

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

庭の四季Instagram

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  2. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  3. 大道ブログの内容をのれん分けしました!新しいブログのご案内
  4. 呪いの言葉は心の壁を作り、才能を見いだす言葉は可能性を広げる
  5. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  6. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  7. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  8. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  9. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  10. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP