講師と通訳、チームは互いに尊重しあってこそ大きな貢献ができる

イタリアの貴公子、若きドクター・オブ・オステオパシーのによる、国際セミナーを開催しました。パオロDO.は、筋膜システムの専門家であるオステオパスです。

トッツィーDO.は教えるだけでなく、医学誌に論文を投稿したり、軟組織その他の人体の研究を重ね、それを論文として世に出し続けておられます。
paolo.koda
今回は、網の目状に身体の中をはしっている『筋膜』のツレを、人体が望む方向へと解き放ち、治癒させる『アンワインディング』というオステオパシー技術と、靭帯への治療法のレクチャーでした。

講義の中にはすごく難しい単語がいっぱい出てきます!

より参加者の方々のためになる、外人講師による国際セミナーを開催するには、『最高の通訳者』が不可欠です。ですので、講師から来日可能なだいたいのスケジュールを聞いたら、まずすることは通訳さんの確保”です。

通訳さんが確保できなかったら、講師の来日を別の日程に変えてもらえるようにお願いします。そのくらい、誰が通訳をするか?は重要なのです。

解剖学や生理学などの一般人が使わないような単語が沢山出てきます。普通の通訳さん達にもなじみの薄い単語です。1つの骨の中にも、いろいろな部位があり、それぞれ名前が違うので、身体の中を表す単語は、おおげさかもしれないけれど天文学的な数字です。(@@)

それをいとも簡単に訳してしまう人は、自らも人の身体に関わっていたり、深く学んでいる方でないと難しいです。

パオロDO.のパートナーは、幸田良隆さんです(写真右)。幸田さんは患者さんへの施術もしておられますが、とにかくオステオパシーやボディーワークその他の国際セミナーの通訳や、海外遠征での通訳を沢山こなしてきたかたです。

最初にお会いした時からスゴいな〜と思っていたのですが、最近、さらに頭角を現していらっしゃいます!ひっぱりだこの幸田さんです。(^^)

話しは変わりますが、
はるか昔に、こんな一件がありました。

それは、「どうしても」と、知人から紹介された講師を日本に呼びセミナーを開催した時のことです。その方は、世間話をしている時にこんな事を言ったんです。「通訳なんて、ただ言ったことを繰り返してるに過ぎない」と。

昔は、その人も通訳を職業としていた時期もあったそうで、「昔はそんなことしかできなかった」みたいな話しでした。何かの間違えか?と思ったので何度か聞き返してみましたが、通訳さんを蔑んだような言い回しは変わりません。

そんな想いで通訳を挟んで講義していたのか。とても残念な気持になってしまった事を今も覚えています。

世の中に貢献したい、1つの「何か」をお届けする時、1人では難しいです。“届けたい”というビジョンや想いを運ぶには、他者とのチームワークが必要です。

自分1人がスゴくて、他のチームメンバーをバカにし蔑むような人は、一緒に仕事をする気持にはなれません。

その人を日本にお呼びするのは、即刻打ち切りにしましたよ。通訳さんにも失礼です。

そしてなにより、その「場」の雰囲気がわたしが皆様に“お届けしたい”と思っていることとは、違ったものになってしまいます。

考えてみると、卓越した専門家が遠路はるばる日本まで来るためにスケジュールを開けてくれ、スーパー通訳さんの日程が確保でき、ベストな会場を押さえられ、なにより参加したいといってくださる方々が存在していて…

これらが全部合致してスムーズに事が運ぶとき、それを『奇跡』と呼んでもいいのではないか!?と思えてなりません。

奇跡は、お互いを尊重し合っているチームに必ず起るものなのですね!
 
 

関連記事

  1. アンコール・トム遺跡@カンボジア

  2. クリエーティビティーが触発される空間

  3. 住む家によって、収入が上下する事があるんだって!

  4. 言わざるか聞かざるか

  5. 「味」無意識の情動記憶

  6. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP