結婚相手が見つからない女たち男たち、愛にまつわる現代病の闇とは?

「1年ほど結活したけど、めげました…」という男性、「出逢いが、も〜ぜんぜんありません」という女性。双方からそんな話しを聞くにつれ、「どっか、なにか、の歯車が違ってしまってるのか?」と感じてしまいます。

今日は、結婚相手が見つからない女たち男たちについて、愛にまつわる現代病の闇についてお話ししたいと思います。

ある社会活動家の男性がおっしゃっていたのですが、「世の中の女性のうち、結婚してもOKなレベルの人は9割以上」そして、「世の中の男性のうち、結婚してもいいかな、というレベルの人は5割くらいしかいない」と、活動を通じて確信しているのだそうです。

人間にレベルなど存在しないのだけれど、ようするに「一緒に生活できるレベル」という、結婚における最低ラインのことです。

例えば、
“極端に不潔”。
“身だしなみのだらしなさ度がひどい”
“自立できてない”。

こういった事がメインでこの「男性は5割のみ」という数字が出ているのだとか。

決して、学歴や収入のみでこの数値を割り出しているわけではないのです。ましてや容姿でもありません。

もしも、学歴や収入や容姿を気にする人がいたら、さらにこの5割の中から、数パーセントに絞られてしまいます。

だから、全体の9割が結婚してもOKレベルな“女性陣”が多く余ってしまう、という図式ができてくるわけです。

毎日お風呂に入って、ちょっと身だしなみに注意し、コミニュケーション力を少し向上させたら、もっと多くの男性がOKなレベルに移行していけそうです。

でも……

私の周囲の男性では、結活しても結婚相手が見つからない素敵な男性もけっこう存在します。身だしなみもちゃんとしていて、仕事もできる男です。

そこで、そういう男性に出逢ったらいろいろとお話しを聞いてみることにしています。(生殖可能な異性を好む男子のみです)

私がこれまで得た情報を元に、集計してみますと、多くの場合 “美少女嗜好” という病というか幻覚が原因とみています。

アニメが万永している影響なのでしょうか。妄想の中の相手がお人形さんのような大きな瞳で、透き通るような白い肌。手足が長くて存在感が妖精のよう。そんな相手しか求められない。

最近では、八頭身の日本人離れした少年少女達が実在します。それが輪をかけて妄想を膨らませているのでは??実在するのですから、まったくの『妄想』というわけでもなくなってきています。

そんな嗜好が、40代50代になっても続いている。美少女達とはもう四半世紀ほどの年の差になってしまってるのに、まだ追い求め続けてしまうのです。

結婚相手を “人生のパートナーと一緒に家族を作る” という視点ではなくて、性的パートナー(観賞用だとしてもです)としてしか見れない、精神状態といえるのではないでしょうか。

それが特に悪いことかというと、人や社会に害を与えていないのだから悪いことではありません。どちらかというと、まったく問題はありません。

ただ、日本の未来を想うとだまっておられない状況ではあります。

美少女嗜好の男性陣は、いつまでたっても結婚できませんから、日本における結婚率がどんどん下がってしまいます。

そして、全体の9割が結婚してもOKレベルである女性陣の相手になる男性が著しく減少してしまうのです。

結婚できるレベルに達している5割の男性陣の人数から、アニメ的美少女嗜好病の人をマイナスすると、とてつもなく数少ない男性しか、結婚の対象相手にならないですね。

少子化はさらに進んでしまうのでしょうか。

先に出て来た社会活動家の男性の思いついた解決策は、「一時的に日本の法律を“一夫多妻性”にする」こと。結婚できるレベルの5割弱の男性達が1人につき3名ほどの妻を持ち子供をつくっていく形です。

それを聞いた時は、「そ、そんな極端な〜」と、思いました。が、冷静に数字的なことをふまえて考えてみると、それもあながち悪い案ではないかもしれません。

非常にむつかしい問題です。

当面は、女性達に肉食系をめざしてもらいつつ、年下の男性と巡り会っていただくのがよいのかな?いや、海外に目を向けるのもいいかもしれません。外国で妄想病でもない、不潔でもない、フツーの男性と巡り会う。これも良いかもしれません。
 
 
💚💗💙💛【LOVE道】カテゴリー
その他の記事はこちらからどうぞ!
↓   ↓   ↓   ↓
http://www.omichikahori.com/category/love/
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自分にピッタリのヒト、何歳になっても巡り会えるよ

  2. 家庭内で言葉の戦争が起こる理由は、夫婦間のコミュニケーションの不協和音が原因

  3. 人生を邪魔する「2つの思考」、それは…

  4. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!

  5. 失敗の結婚とは、応援しあえない本能的に満たされないパートナーシップ

  6. 浮気をバラす人は、エネルギー的な暴力を振るった事と同じなんです

  7. オトナの恋が実るとき

  8. モテ期を引き寄せる第一歩は、こんなモデリングをすることから!

  9. 恋愛の破綻で求めるのは愛?それともお金?男女のコミニュケーションがすれ違う時

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP