生花にはだれも勝てない、ヒヤシンスがくれた幸せ

たった1つの球根から、たった一本だけ生えてきた“白いヒヤシンス”の花が咲きました。家中が甘い花の香りに包まれています。
(hyacinthus orientalis)

hyacinthus.jpg

image photo


丸々とした球根を水耕栽培していますので、花瓶の水にどんどん根が伸びてきています。

ヒヤシンスは1つの穂に、たくさんの小花が咲きますが、たった1つ小花が開花した時点で、置いてある玄関のみならず、家全体にヒヤシンスの芳香がただようくらいに濃厚です。

香りのたつオールドローズより強いかもしれません。隣りのそのまた隣りの部屋まで香りが届いています。

とはいえ、カサブランカのように濃い個性的な香りではなく、甘くて柔らかな香りです。

冬は、どうしても暖房をつけるので居室の温度が上がってしまいますから、家の中の花の置き場に悩む時期です。

今の家では、涼しい玄関か、階段スペースの窓辺、どちらかが暖房が必要な季節のお花の居場所になります。玄関を通る度、階段を上り下りする度、お花が目に入り、そして香りを楽しめます。

まるで、冬の間の♡ときめきスポット♡のようです。

わずか数百円でこの豪華な体験ができるのですからお勧めです♪私はすでにツボミが出てる状態のものを買ってきたので、数百円でしたが、まったく芽が出ていない球根から、水耕栽培し育てたら、すごくお安くこの幸せ感を堪能できますね。

さて、今週末はお台場でセミナーを開催します!セミナーで使う用具などがあって荷物が多いので、少しの間ホテル暮らしです。

真白なヒヤシンスさん、そのかわいらしい姿と、豊かな芳香をそのままに、どうか私の帰りを待っていてください。
 
 

関連記事

  1. 断食(ジュース・ファスティング)週間へ

  2. このアートの作者はどなたですか?

  3. ずぶ濡れ水没i-Podの復活劇!直し方をシェアします

  4. 迷子のニワトリを一瞬で手なずけ、こたつで一緒に昼寝した気功女…

  5. 優しいサンディーさんと、コアラ舎の前で一日おつきあい

  6. シンガポールで12時間のストップバイ

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP