施術者を選ぶときには…

人々の健康と幸せに関わる仕事をしている私は、
「大道さん、◎◎という治療法って、どうなんでしょう?」
「おすすめの療法は何ですか?」と、
民間療法や手技療法についての質問を受けることがあります。

職業柄、さまざまな治療家さんやセラピストさんとおつきあい
があるから、聞いてくださるのだと思います。

けれども、期待外れで申し訳ないお答えをしています。

『この療法』が良い、とかは特にないですよ。
『誰』の施しを受けるか、が重要なんです。

極端な言い方をすれば、
「性的なパートナーを決めるときと同じくらい慎重な気持ちで
選んで欲しい」と、願います。

親密な相手を選ぶとき、技術のこと学歴のこと年収のこと
などよりも「好き」か「嫌い」か、もしくは生理的に
「受け入れられるか」「られないか」が大切な判断要素ですよね。

これに関して1記事で全てを語るのは難しいものがありますが、
すこし書いてみます。

以前にも書きましたけれど、まず第一にすべき事は自分自身が
施術を受けることで「どうなりたいか」を決めることです。
例えば、
「肩こりを無くしていつも笑顔でいたい」
「腰痛を治してテニスクラブに通いたい」
「頭痛を改善させて無欠勤を目指したい」
などなど、人によっていろいろな目的があるかと思います。

そして第二に、受ける療法がどんな種類のものであっても、
やってくれる人(セラピストや治療家)に実際に会ってみて、
「なんとな〜く、この人好きだな〜」
「また会いたいな〜」
など、生理的に受け入れられて好きだなと感じる人から
施術を受けてみるのが、第一歩でしょう。

ある療法が「効くか効かないか?」を検証するのは非常に困難です。
施術する環境の違い、プラセボ効果、受ける人の過去の記憶、など、
様々な要因が加わっていますのでフラットに実験するのが難しいのです。

そういった意味で「◎人に施して、多数の人が改善したから効く」
というのは、科学的検証にはならないのですよね。

また、施術者の技量の違いもあります。
天才が開発したすばらしいテクニックや検査法であっても、
はたしてその手法や論理そして背景にあるフィロソフィーを
100%に近いくらいに継承し習得しきっているかどうか?
は、外からは見る事ができません。

とはいえ、不思議な事に、あまり学んでいない人から
施術を受けて、ものすごい効果が出ることがあります。

私が生涯で受けたオイルマッサージの中で、ナンバーワンだった人は、
マウイ島のあるホテルのスパで働いていた白人女性です。
その人は「リフレクソロジーの講座しか受けたことなくて、
あとは見よう見まねでやってるの」と、全身のトリートメント
が終わった後に告白してくれました。
私があまりに褒めたものだから、罪悪感にかられて告白したの
かもしれません。
けれども、全身の経絡の気が動いて非常にリフレッシュし
効果絶大でした。精神的すっきり感も非常に高く、まさに
生まれ変わったようでした。

彼女が自ら語っていた様に、リフレクソロジーの知識しかなく、
足裏のつぼから全身を巡る気の経路のことは知っていました。
だから、それを思い浮かべながら全身のトリートメントをして
いたのではないかと思います。(そうはっきり感じられました)
あとは、彼女が大好きなマウイに移住でき、日々感じている
喜びの感覚が伝わったのもあるでしょう。

それとは逆に、ベテランの施術者の治療を受けて、
ベストな結果が得られない事もあります。

あるベテランの先生から手技療法の施術を受けたとき、
非常に効果があり、気になっていた部位の痛みもとれました。
が、なぜか受けた直後から、鏡を見ると「老け顔」になって
しまいました。
「私、疲れてるんだろうな」と思って気にしてなかったのですが、
後日、同じ人の施術を受けた人が私に言いました。
「あの先生の施術を受けると、体が楽になるんだけど、
家に帰っていつも顔がお婆さんみたいに老けてて驚くわ」と。
そんな人が2〜3人。。。。
これは、いったい何なのか!?

世界的に高く評価されている科学系ジャーナリストと大学教授
が書いた『Trick or Treatment?』(代替医療のトリック)の
本には最先端の医療研究者との協力によって代替医療の有効性と
安全性について、また科学的証拠の評価などを検証した内容が
詳細に記されています。

検証の結果、それらの補填医療の効果は五分五分。
利益もあればリスクもあるからだとも。

けれども、結局は西洋医学もそんなところではないでしょうか。
以前、プラセボ効果について研究していた内科医が、
プラセボの偽薬と、普通の薬とでは、効果が同じだったと
シェアしてくれました。
それって。。。(^^;;

『だったら、どうしたらいいのぉ〜!?』
と思われますよね。

結局は、受ける人の『意図(どうなりたいか)』と、
施術者の『意図(どうしてあげたいか)』が、
ピッタリ合致して、同じ目標に向かっていった時に、
最良の結果にゆきつくのではないでしょうか。

受ける人が、「本当は治りたくない」と深層心理で思っていたり、
施術者が、「すぐに治らず毎週通ってほしい」と思っていたり、
どこかにズレがあったら、ベストな結果に至らないかも
しれないですよね。

受ける人と提供する人の間には、
『意図』が大きく関与してくるということです。

意図というのは目に見えないので『情報』です。
想念も意図の一つになり得ます。

ですから、ただ単に「肩こり」とか「腰痛」とかに
対する意図だけではない部分にも、影響を及ぼす
可能性について考えてみてください。

相手の”世界観”とか、”価値観”も、もしかしたら
影響を及ぼしてくる可能性もあります。
(まったく影響が無い人も多いけれどゼロではないです)

施術者のほうは、プロですから受け手からの情報による
影響を受けないようにコントロールする術を持っていますので、
問題は起こらないでしょう(理想的には)。

でも、受ける人はそれこそ「受け身」でいるわけですから、
施術者の情報を受け取ったり、エネルギー的に癒合してしまう
こともあります。

何かのセッションを受けた後に、
「自分の考えじゃない考えが、浮かんできた」
こんなこと、ありませんか?

たとえば、施術する人が、治療中にループのようにネガティブ
なことをずーっと考え続けていた場合、受ける人にそれが移って
しまう事があり得ます。

私はたまに体験します。
施術を受けた直後、
自分が生涯で一度たりとも思ったこともない言葉が
耳の奥で聞こえてくるので、すぐわかります。
「もうダメだ、もう人生おしまいだ」
「この先、何もいい事なんか起こらないだろう」
「誰も私を愛してくれない」
など、頭の中に電光掲示板のように流れてくるんです。

自分が何かを考えたり思ったりしてるのとは、違う感覚
で浮上してくるので、すぐ識別できます。
(ちなみに洗脳された時もこれと同じように認識できます)

そんなわけで、

誰かから施術を受けるときには、自分が
「なんかこの人好き」と生理的に感じるものがあり、
「また会いたいな」とか「顔を見るだけで元気になるな」
と思える人のところで受けることをおすすめします。
(第一段階として)

エネルギー情報のレベルで癒合してしまうことも
あり得るのですから、慎重にしなくてはなりません。

性的な交わりと同じくらいか、もしくはもっと
深い関わりになってくることがあります。
(互いの性別は関係なく)

特に女性は、受け身的な資質を持っているので慎重に。

自分が信頼して好きだなと思える施術者にお世話になる。
そして同時期に、ダレカレ構わずいろいろな人と交わらない。

老婆心ながら、アドバイスさせていただきました。
よくわかりにくかったかもしれません。

またの機会に、別の角度からの説明を試みてみますね。

 

ecobodynature.com

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 聴覚から入って脳に働きかける

  2. 身体意識の高い人が禁ずるもの

  3. 胎盤パワーを知りました@新年会にて…

  4. インフルエンザ/風邪(予防)追記〜ひかない体質づくり

  5. セレブ御用達歯科ってなんだ!?値段と価値 

  6. お口の中の粘膜にハリ治療@初体験♪

  7. 輝く酵素ジュースができた

  8. BIOダイナミクスな修行

  9. ガイガーカウンターで計った湘南・渋谷・市川

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  2. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  3. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  4. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  5. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  6. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  7. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  8. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  9. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  10. 自己紹介に自分の「夢」を語る

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP