いつまでも想っているよ。飼い主の気持ち。

犬と散歩をしていると、よく見知らぬ人から声をかけられます。

その中にはご高齢の方もおられます。そして口々にこうおっしゃるのです。「うちにもダックスがいたのよ。今はもう飼えないけれど。」

自分自身が歳をとったら、動物を飼うのに勇気がいります。“自分がもしも入院してしまったら餓死させてしまうかも!?”、“足が悪くなって散歩に連れていけなくなったら可哀想!”、“先に自分が逝ってしまったらこの子はどうなるの!?”

いろいろ考えたら、生き物を飼う責任が果たせないかもしれない可能性が高いことがわかり「だからもう飼わない」と決断される方も少なくないようにお見受けします。

先日、いつものように散歩していたら、まるで孫にでも出逢ったかのように優しい目をして、うちの犬達をかわいがってくれたお婆ちゃんがいました。

いろいろお話ししているうちに「私も2匹飼っていたのよ。でももういなくなっちゃったの。」と話してくれたので、そのご婦人が愛犬を亡くしたことを知りました。

「だから今はコレ持って歩いてるの」といって、小さなトートバックの中身を「ほら」と見せてくれました。

おそらくその小さなトートバックは、犬のお散歩袋。

その中には、ちょうどピッタリとバックに収まる大きさの、茶色いダックスフンドのぬいぐるみが入っていたのです。

そのお婆ちゃんは、飼っていたダックス達が生きていた頃にお散歩の時に持ち歩いていた “お散歩バック” の中に、ダックスフンドのぬいぐるみを入れて、今もなお一緒に散歩を楽しんでいたのです。

それを見たら、とても切ない気持ちになってしまいました。

でも、今でもお婆ちゃんがぬいぐるみになった犬達との散歩を毎日の日課にして楽しんでいるならば、天国の犬達も喜んでいるかもしれませんね。

動物たちとの出会いは一期一会。

生きている時も、亡くなった後でも、ずーっと繋がっている「縁」ある関係なのだと改めて感じさせられました。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自己表現を自由にしていければ、自己イメージも高くなっていく

  2. 大好きな事をやり続け場数を踏むと、エクスパートになれる!

  3. 情報が氾濫しているからこそ気をつけたい、真実を知る事とコワイ話しを信じ込まされる事の区別

  4. ご近所さんからの落ち葉のクレームは人間関係の問題だと捉えて対処しよう!

  5. 自分の中の創造性にアクセスするために一番必要なものとは!?

  6. The 淘汰圧:生物の進化、あなたの進化

  7. 若者のことを羨ましいと思ったら要注意!心が老けてる可能性アリ!

  8. どこかで誰かが応援してくれている、病で知った「自分は愛され体質だった」こと

  9. 同じ人はいないのです

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

庭の四季Instagram

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  2. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  3. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  4. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  5. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  6. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  7. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  8. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  9. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?
  10. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは

アーカイブ

PAGE TOP