基本的に恐怖はすべて空想物語、オバケという名の捏造された記憶にすがる人々

私たちは、自分の脳が生み出したオバケという名の「記憶の捏造」に脅かされ恐怖に苛まれることがあります。

実はこのオバケに対する恐怖心は、人間らしい脳を持ったネアンデルタール人の頃から持ち始めた特徴なのだそうです。

約35万年前に出現し、2万数千年前に絶滅した「ネアンデルタール人」。旧石器時代の石器の作製技術を持っており、火を使用していました。

ここの頃から「人間らしい心」を持ちはじめるようになり、亡くなった人を弔うなどの宗教的な儀式をとり行っていたとされています。

人間らしい脳(心)へと進化したことによって、頭の中にはさまざまな”イメージ”が浮かんでくるようになりました。その結果、ネアンデルタール人は、闇の中に現実には存在しない怪物や化け物まで認めるようになってしまったのです(NHK special)。

ネアンデルタール人が脳の中で見た化け物のイメージは、私たち現代人の心の奥にも生き延びているのです。
 

オバケは誰に見える?

3歳の姪っ子2号が「オバケ恐いよぉ」と言ったとき、中2になった甥っ子1号が、兄貴っぽく3歳の妹にこんな事を語っていました。

『オバケはね、“見たい人” が見るもんなんだよ』

『だからね、“見たくない人” は見ないもんなんだ』

叔母は感激して、心の中でガッツポーズしましたよ。昔、甥っ子1号に伝えた事がしっかり自分のものとなり、妹に伝授された瞬間でした。

彼がまだ小学生だった頃の話しです。一緒に鎌倉を散策していた時にたまたま腹切り櫓(侍が切腹するための穴)の前を通りかかりました。

そこには「ふざけて入るべからず」みたいなメッセージが、木の立て看板に筆書きで書かれていました。切腹した侍を弔う気持がある人だけが入れと。

甥っ子1号は腹切り櫓の中まで入ってみたいと言い出しました。「オレ、一度でいいからオバケ見てみたいんだよね〜」と。

私は「そんなに見たいの?それじゃ、オバケを一生懸命に感じる訓練をして、オバケに同調すれば見れるんじゃない?」と言いました。

そのあと、ハイキングしながら2人で色々ディスカッション。

「オバケに同調して得することってなんかあるかな?」「オバケ見たってけっきょく意味なくね?」「好きなサッカー選手とか、カッコいいお兄さんとか、そういう人達に同調した方がよっぽどいい事ありそ!」

という結論に、彼はたどり着きました。

これ、ただの子供と大人の日常の会話のように聞こえますが、実は、今後の人生を左右するような大切な真理

このことが見えてる人と、見えていない人では、人生に大きな大きな違いが現れてしまうからです。
 

物事がうまくいかない時の言い訳オバケ

多くの
「何かの病気や症状が治らない人」
「なぜか想い通りの人生を形づくるのが遅い人」
「心が辛くて生きにくい人」

これらの人々は往々にして「オバケ」に注力を注いで生きています。

だから、想い通りの状態を作りにくくなっています。“現実”を作るより、“空想の世界”のオバケの事を考える方に、より注力がそそがれてるからです。

ここでいうオバケとは

(例)
・まだ来ぬ大地震
・まだ来ぬ大恐慌
・まだなってない病気災難
・体験もしたことない破産
・富士山大爆発
・◯◯したらどうしよう物語
・昔の怖かった父親の声
・会った事もない神様からの罰
・巨大隕石の落下
・太陽が無くなる日
・まだされてない夫の不倫
・地獄に落ちる日

あげていったらきりがないくらい、いっぱいあります。

あなたの「オバケ」は、何ですか!?

人はみな、自分は理性で生きていると思っています。でも、実際は古い脳である爬虫類脳にも支配されて動いています。

爬虫類脳が生命が絶たれないように、安全に生き延びられるようにと基本的な指令を出してくる。爬虫類脳がなければ死の危機にさらされますので、なくてはならないものだから、しかたがないですね。

でも、社会に関わっていく大人として生活するなら、その事を知った上で、理性をいっしょうけんめいに働かせる努力が不可欠です。

もし、思いどおりの状況へと変化していきたければ、もろもろの知識を学ぶだけでなく、応用して行動していく。

爬虫類脳をしっかりモニタリングしていなければならないのです。

爬虫類脳は、

・がんばりたくない。
・失敗したくない。
・行動したくない。

頑張ってもダメだったら…
失敗して嫌われたら…
という『恐怖』が元になっていて、動けない。

そう、空想の世界のオバケ(=古い脳が生み出すただのイメージや捏造された記憶)が怖くて、動けない。『基本的に恐怖はすべて空想物語』

だから、甥っ子1号が妹に教えてあげたように、「見たいヒトが見るもの」なんですよね。オバケって。

あなたはどうですか?
オバケ好きですか?必要ですか?
それとも!?

オバケがいてくれると、何でもかんでもオバケのせいにできるから便利なんですよね。

自分が行動できない理由も、何か(オバケ)のせい。人生がうまくいかないのは、誰か(オバケ)のせい。

オバケがいてくれたら頑張らなくっていいんです。全てオバケが悪いのですから。

私も、勝手にオバケを創っていることあります。

爬虫類脳に支配されてる自分に「ハッ」と気づくことがあったら、自分を第三者的な目でみつめてみます。すると、自分が何かを回避するために創りあげたオバケ空想物語を発見し、笑ってしまいます。

それで、
「ダサイじゃん!ジブン!」
と、人間脳で言ってあげることにしています。

ちなみに、爬虫類脳が悪いわけではありません。爬虫類脳が希薄だと子孫繁栄もしません。生命力が貧弱になってしまうし、経済も発展しない。

何かに極端に偏りすぎることなく、“オバケ”ではなく、“現実”をつくることにフォーカスをしていく。この努力をひたすらしてゆくのみ。

これがオバケにとらわれない自分らしく生きる方法ではないでしょうか。
👻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自分の望みや夢を明白にすれば、関係ない情報を脳が自動的にはじいてくれる

  2. 近くにいる人の影響を強く受けながら人は成長していく

  3. 『罪』の感情を背負って生きていく必要はない、その理由はコレ!

  4. 人は脳から脳へと情報を相互に送受信し合っていると科学が証明、デジタル?それとも暗示洗脳?

  5. ワクワク系の被害者たち(会社を辞める前に読んでみる記事)

  6. 自分が見えてない「盲点や思い込み」に気づいて指摘してくれる人に感謝

  7. コーチングの父からのメッセージ「気になってる人」が「気になっていること」をすればいい

  8. 暗示を入れられる被害を防ぐ方法、心を支配されないで(2)初期段階で見逃すな!

  9. 子供さんへの質問にすべて答えるお母さん、すべてをお母さんのせいにする子供

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

庭の四季Instagram

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  2. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  3. 大道ブログの内容をのれん分けしました!新しいブログのご案内
  4. 呪いの言葉は心の壁を作り、才能を見いだす言葉は可能性を広げる
  5. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  6. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  7. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  8. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  9. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  10. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP