生きることに慣れてはいけない、驚きや喜びをもっと受け取るために

なんだか最近、時間がたつのがさらに早くなってきたような気がします。

週が始まったばかりだと思っていたら、気づいたら金曜日だったとか。そういうことが増えたなぁ〜。

あまりにも時間が過ぎてゆく感覚が早くなってきたから、ちょっとこれはマズいぞ…対策はないものか…と考えていたところ、こんな出来事がありました。

姪っ子2号と一緒にバスでお出かけした時のことです。バス停に行ってみると、あと12分待たなければならないスケジュールでした。

まだ幼稚園の年小組さんだから、12分なんてすごーく長時間に感じるでしょう。

「ねぇ、あと何分!?」って、3回聞かれてしまったので、その場でいろいろなゲームをすることに。人力車のお兄さんに手を振ったり、花びらの数を数えたり。それから丁度、歩道が升目のタイルだったので、「ケン、ケン、パー」をしたり。

手を繋ぎながら、2人一緒に “ケン、ケン、パー”。姪っ子2号はキャッキャッと笑いながら、飛び跳ねながら、「♡楽しいね♡楽しいね♡」を、連発していました。

私も一緒に、「♡楽しいね♡楽しいね♡」と言いながら、飛び跳ねていました。

そうこうしているうちに、バスが来て、ケン、ケン、パーにちょっとした心残りを感じつつも、お婆ちゃんのお家に向かったのでした。

とっても、とっても、楽しかった12分間だったなぁ〜。

それで、気づいたんです。ここのところ、毎日が倦怠化していたのかな、と。

『時間が過ぎてゆく感覚が早すぎ』になってきてしまったのは、日々がマンネリ化してきて、新鮮な驚きや、冒険心が錆びれていたのかな〜と。

子供は、真っ白な気持でまわりの世界をみる。興味があることだらけ!

だから、世界がいっつも輝いているんだね。

それにくらべて私の脳ったら、「これは知ってる」「これ見た事ある」って認識しかしなくなってる。

それじゃぁ、驚いたり、刺激を受けたり、しないわけだ。

“刺激”がないということは、出来事が記憶にもあまり残らない。それで、物忘れもひどくなったような気になってしまう。
mo2014
東京大学薬学部研究室の池谷先生のことばを思い出しました。

生きることに慣れてはいけないんです。
慣れた瞬間から、まわりの世界が
つまらないものに見えてしまう。

慣れていない子供の様な視点で世界を見ていれば、
大人の脳は想像以上に潜在能力を発揮するんです。

真っ白な世界からやってくる、さまざまな刺激の“受信者”として、感性をもっと磨いておかなくちゃ。

“受信者”である私がそうなれば、発信されてくる多くの刺激を、もっと驚きや喜びをもって受け取れるようになるだろう。

そして、たった12分間でもあれだけ楽しめた様に、“長〜い1日” の積み重ねが楽しめるように、なるのではないかな!!

そう、これからは、「驚きや喜びに満ちたながーい1日」をかさねつつ、歳をとっていこーっと!

ご一緒してくださるヒト!この指とーまれっ!
☝( ◠‿◠ )☝

 

関連記事

  1. 自己表現を自由にしていければ、自己イメージも高くなっていく

  2. あきらめる事 を選択すると欲しいものが手に入る!ある社長から…

  3. 情報が氾濫しているからこそ気をつけたい、真実を知る事とコワイ…

  4. 「もっとシンプルな人生を」みんなの共通の夢

  5. 『奇跡のりんご』たべました

  6. 庭にサクラを植えない方がいい!思い込みがタタリをよぶ!?

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP