情報が氾濫しているからこそ気をつけたい、真実を知る事とコワイ話しを信じ込まされる事の区別

SNSを暇つぶしに使う時には、注意が必要かもしれません。暇つぶしでボーッと眺めていることが多そうですから、無意識の領域にも情報がスッと入ってきやすいものです。

私が「これはマズいなぁ」と思うのは、『怖い記事』をある一時期に多くの人がシェアする行為です。

恐怖に苛まれると、一時的にドーパミンが出てくるので、みなさんコワイお話し大好きなんですよね。意識上では「こんな怖い話しはお友達にも教えてあげなきゃ」という優しい気持からなのでしょうが。

そして、そのコワイ話しが信憑性があるものであればまだしも、信憑性が明らかに薄い情報に対しても大騒ぎする傾向が、今のSNS上ではあるのではないでしょうか。

例えば、フォロワーの多い人がこのコワイ話しをシェアーすると、その反応はすごいもの。フォロアーが多い人の発信なので、みんなの信じる気持も強い。

最近では、「山◯パンのカビが生えないけど、他のパン屋のはカビが生えた実験」の写真を掲載したりシェアしたりする人が沢山おられました。

実験して公に発表するのならば、それなりのコンディションを完璧に整え、その検査条件も掲載しなくてはなりません。例えば、同じ製造工場で作られている、製造年月日が同一、保管の湿度や気温が同じ、などの条件をつけなくてはなりません。

けれども、多くの記事ではどこかの店から買って来て行なった実験です。(まさか、手で触ってないよねっ?)

1つのお店が北向き建物で、カビ胞子が大量に飛んでいるお店だったとしたら、もともとカビ胞子がもれなくついていたはず。

商品管理のため湿度や温度管理を徹底している店のパンなら、もともとのカビ胞子がついてないから、実験中にカビが生える速度も遅いかもしれない。

山◯パンに有害物質が入っているのは、記載があるので確かな情報でしょうが、上記のような実験を社名を名指しで行い公に発表したら、パン製造企業から名誉毀損で訴えられる可能性もあります。

そんな素人実験の記事を、大勢の人がシェアしている状況が今の日本です。(他の国ではどうなんだろう?)

他にも最近目にして気になったのは、大勢の人が「IH電磁調理器で脳腫瘍」の記事のシェアをしていらしたこと。

よくよく観察してみると、その記事は2009年に書かれた一般人のブログでした。そのブログでは、きちんと電磁波測定器を使って値を計測して
いましたので、パッと見は信憑性が高そうに見えます。

ところが、写真入りで計測されているIH電磁調理器自体の製造年数が、記事が書かれた2009年よりさらに古いものでした。

当初は、それはそれはヒドい値の電磁波が出ていました。そして「海外ではこんな電磁波がひどいIHなど使われてないのに日本はヒドい」という主張をしておられました。

ほとんどのヨーロッパの国々では、電磁波の出る電化製品は『販売してはいけない』という法律があり規制されています。ですので、日本でIHが販売された当初のものは輸出できなかったのです。(相手国では販売できないので買ってくれない)

そんな状態を、日本が誇る家電メーカー様がだまって見ているわけがありません。改良に改良を重ねていって、2013年に発売されているIH電磁調理器
からは、電磁波が出なくなっています。そして今では、徐々にヨーロッパにも輸出されるようになっています。

シェアしていた方は、2009年の記事だということに気づいていないのか?もしくは、5年たっても技術は同じままだろうと思いこんでいるのか?

よく分からないけれど、皆がよってたかって「IH電磁調理器は悪だ!」と、発売当初のIHで実験をした5年も昔の記事を指して騒いでいるのです。つい最近ですよ!?(@@)

にもかかわらず、情報操作されやすい人がみたら「え〜!こわーい!」となるのです。その人にとっては非常に不利益な情報が入ってしまったことに
なりますよね。

それでは、常に“得体の知れない恐怖感”に苛まれてしまいますし、『真実を知る』ことと、『コワイ話しを信じる』ことの区別がつきにくくなってしまい、精神的に不安定になってしまうのではないでしょうか。

情報が氾濫しているからこそ、真実を知る事とコワイ話しを信じ込まされる事の区別を意識していきたいものです。

今日は、“間違っているかもしれない情報” を鵜呑みにしがちな最近のSNS利用状況について、感じた事を書いてみました。

次回は、心理的弊害について少し書かせていただこうと思います。

 

備考:
(私自身P社製のものは電磁波ゼロを確認済み。
電磁波測定協会の
会長様も“近頃のIHは電磁波
が出ない仕様になった”とおっしゃっていました)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 社会性が身に付くと、自分の大好きな事がわかる

  2. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…

  3. 質問力をつけよう!欲しい情報を得て良き人間関係をつくるメールの書き方

  4. 片付けなくてもいいシンプルな家、搾取される生き方からの解放

  5. 人の生き方・在り方が最期にあらわれる

  6. どこかで誰かが応援してくれている、病で知った「自分は愛され体質だった」こと

  7. The 淘汰圧:生物の進化、あなたの進化

  8. 生命時間の無駄遣いはTVだけじゃない〜SNSとあなたの時間

  9. 自己チェックを習慣づけよう!70代カリスマ美容師に教わったルックスに関する女の掟

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

庭の四季Instagram

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  2. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  3. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  4. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  5. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  6. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  7. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  8. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  9. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?
  10. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは

アーカイブ

PAGE TOP